御題の短歌を新年の紙上に載することに就きて
短歌の調子に就きて
我邦に短篇韻文の起りし所以を論ず
文界八つあたり
春色秋光
文学漫言
朗詠に就きて
再び朗詠に就きて
五大画家盲評
めざまし草巻一批評
桐一葉
作家評家
戯曲類と四季
文学
服制と美術
新体詩押韻の事
詩董狐を読む
藤野古白
若菜集の詩と畫
竹の里歌(明治15、21〜28、30〜35、年代不明)
新体詩
漢詩
松蘿玉液
墨汁一滴
病床六尺
仰臥漫録 1,2
少年時代詩篇 明治13〜16年
無何有洲七艸集
子規子
水戸紀行
水戸紀行裏四日大盡
しゃくられの記
かくれみの
手つくりの菜
詩歌の起源及び変遷
荘子ヲ読ム
老子を読む

「我国の絵画に就きて」を読む
「我国の絵画に就きて(再)」を読む
叙事文
有神疑義を読む
水滸傳と八犬傳
再び歌よみに與ふる書
歌よみに與ふる書
竹の里人日く
三たび歌よみに與ふる書
四たび歌よみに與ふる書
五たび歌よみに與ふる書
六たび歌よみに與ふる書
七たび歌よみに與ふる書
八たび歌よみに與ふる書
九たび歌よみに與ふる書
十たび歌よみに與ふる書
あきまろに答ふ
人々に答ふ
歌の題
五七五七七
一つ二つ
賀の歌
歌の評の評
万葉集巻十六
曙覧の歌
歌話
短歌を募る辞
再び短歌を募る辞
短歌愚考
七日会咏草歌評
三たび短歌を募る辞
草径集
磐之屋歌集を読む
「こやす」といふ動詞
第三回募集短歌に就きて
短歌第二句切の一種
竹里歌話
万葉集を読む
竹の里人日く
募集歌「讀平家物語」
旋頭歌を募る
「世はさかさま」
寒山落木 1〜5(明治18〜29年)
俳句稿 1、2 (明治30年〜35年)
獺祭書屋俳話正誤
明治二十九年の俳句界
俳諧反故篭
俳句と漢詩
吉野拾遺の発句
俳人蕪村
一茶の俳句を評す
向井去来
獺祭書屋俳話
水野南河君に質す
歳晩閑話
歳旦閑話
雪の旅
昔の若草(今の若草)
雛祭り
俳人の奇行

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る