横浜市歌
横浜市歌
火の娘題詞
義太夫新論題詞
珠玉抄題詞
美澤校長彰徳歌
浜松市歌
三太郎の日記 1,2,3
北郊雑記
ニーチェのツァラツストラ
人格主義
ファウストとメフィスト
ダンテの「神曲」とニイチェの「ツァラツストラ」
ダンテ雑話
游欧雑記
埃及紀行
徳川時代の芸術と社会
若きゲーテに於ける教養と恋愛
万葉管見
秋窓記
冬の蝿
教養の問題
ゲーテの詩の真実
日本文化と外国文化との交渉
外国語の修得
哲学志望
読書の回顧
研究生活の内的障礙
某大学の卒業生と別るゝ辞
読書の意義とその利弊
大塚保治先生のこと
ケーベル先生の言葉
深穏
見えども見えず
教育時評
新入生諸君に與ふる言葉
新しき卒業生のために
小倉日記抄
後鳥羽びいき
新古今集のころ
紅葉
木枯の酒倉から
風博士
霓博士の廃頽
閑山
紫大納言
盗まれた手紙の話
桜の森の満開の下
道鏡
二流の人
家康
竹薮の家

小さな部屋
逃げたい心
海の霧
黒谷村
禅僧
蒼茫夢
姦淫に寄す
淫者山へ乗り込む
オモチャ箱
女体
恋をしに行く
いづこへ
白痴
母の上京
外套と青空
私は海をだきしめてゐたい
戦争と一人の女
金銭無情
遺恨
無毛談
破門
ニューフェース
文壇の成立
紅葉の文学
律文の流れ
キリスト教と「文学界」の人々
藤村の詩、「文庫」の詩
鏡花と思想
鏡花の文体
自然主義の発生
前自然主義と花袋
花袋と漱石
長塚節と石川啄木
鴎外の道
露伴の態度
子規と鉄幹
短歌から見た明治文学の動き
民俗学の書物について
「髯篭の話」前後
「稲むらの蔭にて」を中心に
「日本民譚辞典」と「愛護若」
「鸚鵡小町」解説
雪祭り・花祭りの研究
芸能史の組織化へ
タブの杜に寄せる願い
「近代文学論」のころ
思い出すままに

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る