「原生林」合評抜粋
歌壇作品合評抜粋
選歌「戦争」を発表するに當って
天の鶴群
静かな心のやすらひ−伊東療養所にて−
戦ひに死ぬものゝふの歌
戦ふ歌
招魂の御儀を拝して
島の青草−沖縄を偲びて−
一つの連環咄
日本女性史に於ける明治時代の意義
地方文化の幸福の為に
万葉集講義
口訳万葉集
口訳万葉集−第十四(東歌)の研究
花幾年
わが子・我が母
留守ごと
細雪以前
黒青紫
増井の清水の感覚
赤い紙かばんの中へ
去年の大晦日
杉千秋を中心にして
故人
書斎人の悲劇
「香蘭」の人々に
茶栗柿譜
白墨のあと
鏡花との一夕
生活の古典化に努められた先生
畸人傳の型に入れて
山中先生の学問
三矢先生の学風
伊波学の後継者を待つ
万葉全集と私
美しい私学の学問
感謝のことば
三博士頌
虚子さんよ
水野氏の本の会から帰つての茶話
遥かな潜水夫
紙魚のすみか
書物と白雲
写生歌異見
短詩論
素人のない文学
短歌の運命
近代日本短歌の方向
時事短歌論
「所謂未亡人短歌」の含む暗示
女人短歌序説
女人短歌序説
女流の歌を閉塞したもの
短歌啓蒙 1〜3
根強い生活は「心の田舎」から
危急を告ぐる諷歌
新春随感
見ものは合邦辻
若手歌舞伎への期待
鶴屋団十郎
英訳俳句草稿
連句
倚桃両キン自讃文
零時日記 1〜3
半生の目撃者
かすかな抗議
愛と詩
海道の砂 その1〜3
山の雑湯記
山の音を聴きながら
姥の話
雪の記憶
恋の消息
新しい詩集の為の壽詞
ねくらそふの現実
「蛙」の死
「典型」と高村氏
「佐藤春夫全詩集」のために
俳句と近代詩
虚子文学の結論
文芸運動に於ける朋黨
茂吉への返事
短歌と文壇
短歌に於ける主観の表現
万葉調
短歌に於ける人事と自然
短歌の範囲
新らしい論理の開発
歌の圓寂する時 正続
滅亡論以後
「時代の口」出現への要望
ぷろれたりあ短歌へ−「抗争」の作者を通じて−
遊びのある議論
短歌小論
流行と質
子規の歌論に潜在するもの
短歌将来の形式に関する一つの暗示-短歌のこんと化する傾向 その他
短歌の世界−選歌に循環して−
鑑賞法を失はうとする世間

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る