鎌倉仏教における人間観の相剋-「興福寺奏状」をめぐって
親鸞における念仏の意義
千葉県安房郡鴨川町および嶺岡山付近の露頭の研究
心身障害者に対する授産事業の発展と展望
グループワークの現代的課題
ミクロネシア・パラオ諸島における交換体係
楊泗正朝全集
浄土宗檀林における本末関係の一考察−江戸時代中末期生実大厳寺を↓
東京市教育会主催「通俗講談会」の展開過程
親鸞における念仏の意義(補注)−大行大信説の考察
統計分析的方法による運動技能の評価について−回帰の効用
「チベットの死者の書」と日本の四十九日中陰回向−
日本人の死後観−十三仏信仰を中心として−
摂関期の日記にみられる「死」の周辺−「御堂関白記」「小右記」を中心として−
近代日本の法華系在家仏教教団にみる死生観
死ぬ権利はあるか
仏教を中心とした死の種々相−我々はシュレーディンガーの猫なのか−
緩和ケアと哲学
詩歌に表れた北方の生と死−中城ふみ子の短歌を中心に−
「死への準備教育」の必要性と可能性
安楽死・尊厳死に関する若干の考察−森鴎外「高瀬舟」南木佳士「山中静夫氏の尊厳死」を読む−
社会福祉事業における心理学の効用
異質環境における老人のパースナリティの精神医学的類型と特性
中国的思惟の特質
カウンセラーの抵抗と自己開示
J.スチュワートの経済学(1)
京葉工業地帯の公害に対する町内会の対応とその条件
千葉県銚子半島の地形と地質について
アメリカにおける貧困
児童家庭福祉問題に対する一考察
千葉市の郊外化と市民生活
チベット医学における心身観−「ギュー・シ」を中心として−
唐・五代社会に見られる道教の身体観受容−長安昭成観の夾紵像をめぐって−
白隠の心身観
聖域構造と死生観−東西を比較して−
<身体>へのトランスパーソナル学的接近−その臨床の実践−
環境倫理と日本の「風土」−環境倫理と主体性−
チベット仏教における心身観−シャーキャチョクデン著『毘婆沙大海』における「破我品」解釈を通して−
ヴァイシェーシカ学派のPARAATVA・APARATVAについて
西行の生死観−命と死をめぐる思想−
死との対峙−万葉華人山上憶良に見る死の文学化−
万葉挽歌にみる「家」
死を観想する−能楽の中の死生観−
芭蕉信仰のかたち−「諸国翁墳記」をめぐって−
三解脱門について−空観展開の一断面
漱石修善寺の大患−「思ひ出す事など」を書くもの
看取りのフィアンセ、あるいは青春の別れ−横光利一「春は馬車に乗って」と堀辰雄「風立ちぬ」に見る−
北方の医学・宗教・文学−渡辺淳一文学舘と天理教静様分教会を訪ねて−
拾萬圓事件
北宋における禅律一致思想の形成
「サマラーンガナ・スートラダーラ」第8章和訳と註解
初期不二一元論学派の付託観の展開
チベットの地位をめぐる三つの言説の実態と形式−清末民初期の蔵中英関係を中心に−
土田杏村の倫理思想−近代日本における“全体性”をめぐって
行路死人歌の成立とその行方
西行の身心観を考える基盤−「瀬戸内・讃岐」歌枕地名と空海・崇徳院−
仏教考古学より見たる身心観
九想図にみられる身心観−日本における九想図の展開を中心として−
東洋医学の人間科学−東洋的行法の心理学的研究を中心に−
禅と心身論
いのちの時代へ−二十一世紀の養生・癒し・ホリスティック医学−
アーユルヴェーダの心身観
土皇ショウカン五方真文集
「金剛般若経」に見られる色身・法身の偈頌
インド芸術にみられる心身観
クリスチャン・ブイ著「ナータ派ヨーガ行者と諸ウパニシャッド」−抄訳1〜4
ヨーガ行法による身心の目覚め
地方行政区画ベルヴォラ300り統治について−ラーシュトラクータ朝時代の事例を中心に−
無主語の世界像 1−日本語において省略される行為者の位置,2−日本語において省略される行為者と隠れたる存在
少子高齢社会を支える宗教指導者−老年期の牧師・元牧師を中心に−
信教自由に対する宗教団体法施行の影響
伊勢地方のミコ寄せと民俗宗教
老年期の信仰と生活−元牧師の類型と抱える諸問題を中心に−
戦後新宗教におけるナショナリズム言説の諸相−大衆ナショナリズムの発露とその論法−
日蓮系新宗教における生命主義的救済観の生成・展開・変容−創価学会における救済観の変遷−
近世後期主穀生産地域の肥料商と流通
西田最晩年の思索への途上−西田幾多郎「哲学論文集 第三」をめぐって−
死を演じる−狂言「鎌腹」における死の思想−
白河院五十御賀の試楽覚書
満州への詩魂−室生犀星「哈爾濱詩集」−
亀井勝一郎「日本人の精神史研究」への軌跡
三十六歌仙絵の資料二種−かるたと版本と−
「他処」の失墜−フローベール「感情教育」における東方のイメージ−
仏花器の変遷と種類−金工と古陶磁器−
「前識談」の構造からみる海保青陵の思想
「本朝異学問答」について
「文府滑稽」について−その序文に見る「大道」と「滑稽」
VOM BEGRIFF DER ZEIT IN DER CHINESISCHEN PHILOSOPHIE
洞淵神呪経写本校異 1,
近代日本における道徳概念と道徳教育の位置づけ−第二次世界大戦前後の政治的背景と道徳概念変容の端緒
洞淵神呪経逐鬼品の救済思想
墓誌銘に見る初期の禅宗 上下
林羅山と「首書老子経」
古代デカン国家の地方統治−ラーシュトラクータ朝後半期の事例を中心に−
ゲンドゥンドゥプ(だらいらま1世)講述「解脱道解明」和訳−ABHIDHRMAKOSAKARIKA:1-25〜28に対する釈義
DR.MORITA’S PSYCHOPHYSICAL THERAPY AND ITS RELATION TO THE WAY OF THINKING IN ZEN−BUDDHISM
紀平哲学における「なるほど」
戦争体験記で描かれた「生と死」−「孫たちへの証言」を事例に
新宗教とエスノセントリズム−生長の家の日本中心主義の変遷をめぐって−
千手千眼の理−「わらんべ草」における狂言論−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る