入唐八家請来録の研究−資料編 密教部(1)
仏教の草木成仏観と生命科学
中国古代天文暦学思想と陰陽五行説(前編)
近年中国に於ける敦煌研究の動向
一遍聖の名号観 5-「十一不二頌」と「六十万人頌」について
最澄「決権実論」について
徳清著「起信論疏略」の資料的研究
仏典の比喩における仏陀観(3)
六国史における仏典と法会について(1)
保苗迎真接駕全集
六国史における仏典と法会について(2)
伊駒宝山寺本「覚禅鈔」について−奥書を中心として
現代ヒンディー諷刺文学
井上円了の妖怪学と仏教の業思想
方以智研究雑記−中国弁証法の濫觴
海外学術予備調査報告 1,2
THE MEANING OF THE TRUE TEACHING OF SHINRAN'S MAJOR WORK
爾雅・釈山篇の五岳重出問題と五行思想の南遷
章安の涅槃経観−とくに涅槃経玄義について−
ツバサ
北条仲時軍勢自害をめぐる法宗教史的分析 1-資料篇1-中世・近江国・時衆・蓮華寺教団と過去帳の問題-
阿育王をめぐる比丘達-特にモンガリプッタチッサとウパグプタ
敦煌文学文献常用語彙の性格
近世封建・下層身分の由来書-甲斐国・都留郡・郡内領の未刊資料の場合-
島木赤彦の中世的思想
修験道に於ける秘呪経(九重守経)とその大衆化の過程
仏所成立時期に於ける仏師について
維摩経の副題「不可思議解脱」批判
一遍聖の名号観 1-能所・機法一体を中心に,2〜4-語録に於ける名号の表現
説一切有部宗と初期大乗との関係
長吏頭・弾家墓制の考証と資料
金光明経の懺悔思想
羅什訳法華経訓訳に関する問題点
土御門家・天曹地府祭の性格と実態
保苗炎帝正朝全集
阿毘達磨大毘婆娑論における菩薩思想の一考察-特に阿毘曇と毘婆娑論と?y婆娑論と比較して-
近世賎民の流罪−伊豆「新島流人帳・賎民系流人抜書」
陰陽五行思想と窮理思想
清代仏教史考
日蓮の「選択集」批判について-「守護国家論」を中心として
護国所問経訳注(1)
校異試訳「敦煌本法躰十二時」-ペリオ3113号写本を中心として
「西道中華海東仏祖源流」僧名索引稿-朝鮮仏教僧名集成 4-
「スールサーガル」における教義の表現
ポックリ往生寺の創建と寺務管理-奈良県斑鳩町の清水山・吉田寺の民俗と未公開資料-
法師陰陽師のおこなう祓いについて−その雑乱性と本質の移行
梵文造像量度経注釈概観
原始仏教の「無常・苦心・無我」説
栄西評価への試み
一遍聖の熊野参篭について
井上円了の社会教育
中国偽以経への一考察−十王経の系流を中心として
橘諸兄
一遍聖の熊野参篭について
井上円了の霊魂不滅論について
武蔵国神仏習合現象-飯能市・子の権現社とその縁起の場合
国文学のジャータカ 1−三宝絵を中心として
家持歌に於ける心情表現の一様相
家持歌の序詞
一遍聖の熊野参篭について 3
阿毘達磨仏教に於ける仏陀の本願説-付:菩薩の悪趣願生説
大将軍信仰について 1-琵琶湖周辺のダイジョコまつりとの関連
妖怪学の一視点
屏山文庫本 花伝抜粋
近世・関東、伊豆国・下層民衆・社会法制史資料集録
真言宗十巻章引用諸経論校勘
阿育王の仏教受用と其の「法」の意味
論敦煌本対話体文献
「維摩詰所説教」に見る羅什訳の特質
大乗涅槃経と沙門果経
土堤の大會
シルパ・シャーストラにおける絵画論
ヂュミヤーナミトシラ著「聖般若波羅蜜多理趣百五十註釈」の和訳 1〜4
伊豆の歌における島木赤彦の芸術的深化の考察
朝鮮仏教考察序説
陰陽学と陰陽道−その系譜と概念規定のために
入楞伽経における五法説の研究
彙報「ガンダーラ調査略報告」
数1の性質とそのことば(上)
老の歌−万葉集にみる
伊豆国・番非人資料と賎民系譜-法民俗学と法社会学の接点
高村光太郎における東洋的なるもの
鬼に関する中国発想
正徹の著作に現れた兼好について
五取蘊について
社会主義朝鮮の農村管理体系について
神学と人間学とのあいだ−浄土教的基盤におけるその問題解決の一方途
日本陰陽道の暦学への回帰−渋川春海思想にみる肯定と否定
均如大師伝の研究 上中下(1,2)
大仏頂首楞厳経に於ける如来蔵思想
業思想の日本的展開−井上円了の妖怪学について
一遍上人の回心について
万葉集の人間造型
藤村文学の構造としての「深さ」と「静けさ」
弘法大師和歌考
地下万葉−「悦酒滲」を枕にして
アフガニスターン・パキスターン調査考
芸術学からのインド宗教美術論考
農家の人間学と社会哲学
史記列伝小考

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る