社会科学としての憲法学を考える(1)
文学における自然観の変遷と韻律の発生と展開の解明への試み(2)
近世初頭の剣術伝書に関する一考察-「兵法家伝書」と仏教の関係-
学聯事件と二、三の回想
楊鉄崖楽府序説
四−五世紀のオルドス砂漠東南縁辺地域
官版底本舶載三続考
今日の憲法問題を分析するために基礎作業としての「現代」論序説 1
復活祭蜂起とイェイツ
近世における剣術伝書の思想に関する一考察 新陰流剣術と仏教の関係
植物と文学 −ゲーテの場合−
エズラ・パウンドとイマジストの詩人たち
NON-TRIRIAL AUTOMORPHISMS をもつ種数4のCOMPACT RIEMANN面の方程式について
西ドイツにおける陸上競技の年齢区分とその種目について(主に男子混成競技)
立正大学学生の体格と運動種目との関連について
ランゲージ・ラボラトリー学習の動機づけに関する実験的研究
公害
筆圧曲線のパターン分析−スペクトル解析による試み
四−六世紀における中山城付近の交易について
官版底本舶載四続考
太宰治「猿面冠者」−作品の構造
ショパンの音楽言語
行為者の立場と観察者の立場−社会的行為理論の方法論的再検討
モラエス考
エマソンの思想的背景 2 清教徒とエマソン
日本英学史上の徳富蘆花
私立中学・高等学校における体育施設の現状と問題点について
立正大学女子学生における体格と運動能力の相関分析
社会体育の現状−家庭婦人バレーボール−
戦争と体育の歴史的考察(上)
仏典英訳の基礎的問題
ゲーテとホメーロス
中国鉄鋼業の地域構成−工業の拡大と工業地の新編成
THE LIMITS TO GROWTHについて
官版底本舶載再読考
北魏時代における平城・姑臧間の交通路-北魏軍西征路の検討
現代軍国主義論序説
佐々木憲法学の基本思想-佐々木惣一博士の憲法理念、天皇制を中心に
帆足万里における科学の目と文学の心
壮大な輪をえがく白鳥たち-イェイツ作「クールの野生の白鳥」
諷刺喜劇作家の限界-「セジェイナスの没落」「キャティラインの陰謀」をめぐって
大都市零細工業の存在形態研究序説
中国石油産業の地域構成
テクノロジーと未来の教育
欧米文学の日本発見
日本における「エマスン」
古典詩形における六詩脚律の優位と八、七、五および四詩脚律的立場について
植木枝盛論稿補遺
中島敦の文学-その「精神の運動」-(1,2)
橋田東聲論(その9)-「白楊」から「樹海」まで-
八木重吉研究−詩作と信仰−
橋田東聲論(その10)-吉植庄亮と東聲-
八木重吉「秋の瞳」論
八木重吉−信仰詩の意味するもの−
八木重吉「貧しき信徒」論
八木重吉研究-後期の詩観をめぐって-
中島敦の文学-その「精神の運動」-
源氏物語の「うるはしき」人々 上
岡本かの子と跡見女学校
コミュニケーション能力と作文教育
円朝と明治の仇討−「怪談乳房榎」論
跡見学園における文学教育のあり方についての一考察
跡見学園中高生徒の日本語運用能力に関する一考察
道元の生涯をめぐる諸問題
花蹊と江南詩
花蹊と富士山
「向上実感」のための説明的文章教材開発研究序説
上杉慎吉「帝国憲法」の憲法学説
五世紀後半・六世紀の河西
英米文学のなかの日本
エマソンの思想的背景 1−清教徒とエマソン
ジョイス美学の原点
中国−古都とシルクロードの古代探索(資料)
アメリカの空は青かった 2
橋田東声論−生いたちから歌人として復帰するまで
跡見花蹊と和歌
服部躬治と「汲泉」歌合について
橋田東声論 2−東声と「アララギ」
跡見学園高校の「国語表現」について
跡見学園高校の「国語表現」について
服部躬治試論 1-「恋愛詩評釈」と和歌改良論恋歌
橋田東声論(3)−東声と「詩歌」
「正しい答え」のない授業 1988・中三国語の実践報告
橋田東聲論(4)−「身内の死」
文学史上における小野篁の位置
橋田東声論-結婚から離婚まで- 5,
日記における天候表現について-永井荷風「断腸亭日乗」を中心に-
血湖正朝全集
正岡子規とナショナリズム 9,
橋田東聲論 その6
楽家系譜・東儀秀樹氏所蔵『家伝』内「秦氏系」考証
中学一年生に対する読書指導と読書調査
橋田東聲論 7-「土の人長塚節」に拠る自然への回帰-
『万葉集』巻十三試注
橋田東聲論 8-「万葉集評釈 傑作選」について-
大正文人の田園主義と下総三里塚−地方文化史の視点から−
花袋のふるさと−館林−
祇王祇女の物語
読書指導は必要か−我が校の図書館から
中国雲南のフォークロア 資料 1,2

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る