金屋子神信仰形態の分類
金屋子神社所蔵勧進帳
金屋子神信仰研究の現状と課題
こどもの神さま
地蔵盆とこどもたち
化粧地蔵・その出会い
海と森と祖神への祈り
「おもろさうし」にみる神観念
マブ神とオナリ神−島人の守り神
ノロとユタ
南島の葬墓制と門中墓
神女の誕生・イザイホー
ウンジヤミとシヌグ
宇多天皇・菅原道真・「類聚国史」
「下野一国百番順礼所道中記」(翻刻)
現代における神葬祭の意義
近世前期における地方神職層の活動と吉田家
江戸幕府寺社奉行に関する一考察−就任者の「数量的検討」を中心に−
服部安休と中臣秡
「一代要記」の成立と構成 解題 上
「一代要記」の成立と構成 解題 下
平安・院政期における転害会と東大寺郷
商品としての古文書−進士文書の検討から−
「日本廻国帳」(翻刻)
「越後国式外神社考」(翻刻)
神道の文献翻刻二種−北野縁起・菅原天神秘密縁起・天満天神略縁起・宗源唯一理学一事伝授目録 上下・一事再篇口決覚書 上下
追放された詩人−菅原道真の実像
私撰菅原和漢悲傷集−眼中の血
ある文人官吏の運命−宮廷社会のなかの菅原道真
菅家の祖業−土師氏から菅原氏へ
「隠された国家」と道真−太宰府での生活
天神と日輪−道真の時代の神々
天の牛・雷神・斑の力
能・歌舞伎−道真像の変遷
北野天満宮と天神信仰
菅公とさいふまつりの道
八洲文藻の詔勅と辞章について
「御当家深秘録」の諸本 付翻刻
大日本史編纂記録 1,
伊勢貞丈「鳴弦蟇目考」について−翻刻と解題
出雲国風土記の注釈書と出雲研究
日本仏教に於ける沙彌像の原点−鑑真門下法進の沙彌像−
水戸藩と神道書編纂について−「神道集成」・「神祇提要」を中心として−
大日本史編纂記録
流浪の「天神縁起」
卜部兼永筆本古事記の学術的価値について
中世神道説の類聚−『神代巻秘決』の引用書を巡って−
『集古十種稿』及び『集古十種』の刊行過程について
葬祭の心
大日本史編纂記録
「気吹舎蔵板」版行に関する基礎的研究−「伊吹廼屋先生及門人著述刻成之書目」各種の紹介と考察−
石田梅岩の神道思想の形成−要因としての増穂残口−
北方方形土城をめぐる諸問題−樺太白主土城現地調査報告をかねて−
大日本史編纂記録
二宮尊徳の三教観−二宮先生語録を中心に−
中世宗像社に見る大宮司と神事の関わり
地域社会における神々への信仰
摩多羅神について−黒川能との関連性の検討−
法華八講と東照宮祭祀
文学の値下
「西宮記」と「北山抄」の関係
「山王由来」に見る神話と口伝
空頂黒サクの安永度御治定
ツェーリンガー都市−二つのフライブルクを巡って−
山鹿素行
「天神垂跡要記」について 上下
山鹿素行「中朝事実」の津軽版について
続神道大系について
「類聚三代格」の校訂をめぐって
橘三喜諸国一宮詣記 1,2
延喜式校訂二題
山鹿素行と左縦書
古典校訂に関する再検討と新提案
大成経の大概と問題点
烏伝神道におけるコスモロジーの形成
「寛平8年9年記事」について-林家史学の展開をふまえて-弘前市立図書館(旧市立弘前図書館)所蔵
会津地域における東照宮信仰
一宮記(翻刻)
「天神縁起」の周辺
顕と幽との相関相即
大江匡房の天神信仰-「参安楽寺詩」を中心にして-
惣社(総)とその祭
ネリー・ナウマン著「日本の土着宗教」について
一冊の神社史料注釈書
近世前期の神社と縁起について
神功・応神伝承と王朝交替論
英雄王としての雄略天皇伝承
記紀歌謡と宮廷芸能
埋もれた神話
埋もれた神話
豊後、肥前国風土記
出雲国風土記
各説話集の神話伝説
各国の風土記逸文
播磨国風土記
常陸国風土記
神道の精神的土壌について
時代は変る・・・岡本天明の一二三
縄文人のアニミズム信仰と日本神道の関係序説
神と神観について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る