WHAT IS THE DIFFERECE BETWEEN SUKHAVATI AND JINGTU浄土?
随自顕宗・随他扶宗について−大玄「浄土頌義探玄鈔」を中心に−
高麗の偽経「現行西方経」について
平安期における女性と仏教−願文を中心に−
貞慶の笠置寺再興とその宗教構造−霊山の儀礼と国土観をめぐって−
法然仏教の人間観研究−これまでの動向と課題−
然阿良忠撰「浄土宗要肝心集」翻刻
カルマ・チャクメーの極楽願文「清浄大楽国土の誓願」の和訳と研究−観自在、大勢至の両菩薩と極楽浄土の荘厳と供養の段
カルマ・チャクメーの極楽願文「清浄大楽国土の誓願」の和訳と研究−序文と礼拝対象の無量光仏の段
「大阿弥陀経」の成立の問題をめぐって
感得像考−感得の意義と宗教芸術性について
中原中也と<京都>−心象風景として再構築された<都市空間>
岡本かの子〔生々流転〕論−「水の性」の在処
阿弥陀仏に関するチョネ・ダクタ゜シェードゥプの信仰と実践−東西二つの浄土とそこへの往生について−
佛説観弥勒菩薩上生兜率陀天経
東西宗教観の接点−現実的死生観について
「比良山古人霊託」の世界・覚え書−宗教史料分析の一視点−
「選択疑問答」について
善導の尊称について
出産をめぐる習俗とジェンダー−産屋・助産者・出産環境−
京都・平等寺1000年記念行事をめぐる伝統の創生−「癒し」の伝統と近代−
仏教と福祉−明治・大正期大阪における慈善事業の信仰的展開−
医療文化の近代・前近代に関する一考察
日本において、キリスト教への信仰をはばむ仏教の宗教的な影響力−1883(明治16)年大阪宣教師会議議事録PROCEEDINGS OF THE OSAKA CONFERENCEから
世親作「仏随念広註」和訳研究−前半部分・仏十号に基づく三乗共通の念仏観,後半部分・大乗特有の念仏観−
「浄土述聞鈔」の成立背景−良暁の念仏観−
「摧邪論」における「以聖道門譬群賊過失」について一考察
中世叡山の戒律復興−律僧恵尋の思想と国家観をめぐって−
学校教育と知能観の再考−“状況に埋め込まれた学習”の視点から−
格差社会における民主化と協調自立学習の開発
現場体験活動は教員志望者の実践力を涵養するのか−学校インターンシップのもつ「効果」について考える−
教員養成の一環としてのインターンシップ−仏教大学の事例を参考にして−
独訳「観無量寿経疏(玄義分) 1,」
ヴェーバーにおける普遍性の問題
国際シンポジウム 「グローバル化時代の日本文化」基調講演論文について
蔡順と王ホの畏雷譚について−二十四孝成立の周辺−
江州石部宿における村政機構と「町」共同体
上林暁と明石鉄也
SEELF−KNOWLEDGEと笑いの関係−PRIDE AND PREJUDICEを中心に−
来日医療宣教師と明治前期の日本の医療−1883(明治16)年大阪宣教師会議議事録から−
ITを活用した遠隔教育の実験報告
「龍施菩薩本起経」の有韻偈頌と漢訳者について
天台僧顕真と大原談義
遠隔教育と対面教育との連携−本居宣長にみる教育と研究−
京都の小説家・山田一夫
一神教における多神教的要素−聖母崇拝への流れ−
DEVELOPMENT OF E-LEARNING IN LIFELONG LEARNING IN JAPAN-BASED ON A COMPARATIVE SURVEY OF COMPUTER MEDIATED LEARNING IN JAPAN AND CANADA
社会福祉領域とグローカレゼーションの展開−コミュニティにおける教育力の形成をめぐって−
E−ラーニングの普及の背景と白石班の研究成果報告
夏目金之助書簡〔大正四年五月三日付・磯田多佳宛〕の背景
傍流に生きる−菊池寛〔身投げ救助業〕と琵琶湖疎水
金剛界九会大曼荼羅 石山寺版
阿弥陀仏に関するジターリの信仰と実践−「鼓音声ダラニ」「宗要経」からの流れ・ダツェパの儀軌を参照して
楚石梵?g禅師語録 20巻
グローバル化時代の公共空間と知の形成−近代合理化と仏教についての覚書−
「普遍的なもの」の所在−J.バトラーによるハーバーマス批判によせて−
日本における「公」と「私」の概念−公共政策との関連における公私の基本構造を考える−
遠隔高等教育の原理と教材開発の課題
Eラーニングの現状
日本の生涯学習におけるComputer Mediated Learningのニーズと可能性
高度情報化社会の社会福祉領域における学習ニーズとソーシャルワークの課題
実践的能力の育成を目指した「算数科教育法」科目の開発
A STUDY OF CANADIAN ADULT LEARNERS’ MEDIA PREFERENCES
アンケートの作成とその構造について−学習ニーズに対応した高等教育機関のあり方に関する調査−
接続詞until<till>before−「時の副詞文句」の合意
Self−Knowledge比較研究考察−Persuasion,Pride and Prejudice,Mansfield ParkにおけるヒロインAnny Eliot,Elizabeth bennet,Fanny Priceについて
浄土教典籍の英訳再考
1909年王立救貧法委員会少数派報告とナショナル・ミニマム
源翁和尚行状
GLOBALIZATION PRO AND CON,EAST AND WEST:REPORT FROM A PILGRIM'S ODYSSEY
シャーンタラクシタの中観思想の形成とシュバグプタ,シャーキャブッディ−自然界(原子,物質)と知識の峻別の根拠−
チベットにおける阿弥陀仏信仰の形態−阿弥陀仏に関するダライラマ七世の信仰と実践−
商店街における活性化の検討−2002年京都商店街調査より−
商業集積地の移動に関する考察−第二次世界大戦後から昭和40年代までの京都の商店街の動き−
PRIDE AND PREJUDICEの意味論的分析−THEMATIC MEANING:ORDERING AND EMPHASIS−
近代個人主義の誕生−プロテスタントとカトリシズム社会−
韓国の共同育児運動に関する一考察
聖教書写から見た親鸞の伝道
世界宗教としての浄土教の総合的研究−浄土教典籍の欧米語訳と諸宗教の相互理解−
川除普請における宿と「町」の役割−江州草津宿における草津川堤防普請を事例に−
世界宗教としての浄土教の課題−近代的知のパラダイムの転換の可能性を求めて−
中世イタリアのヒューマニズム−「神曲」にみられる愛と知性−
生涯スポーツにおける情報メディアのニーズ調査
「近現代における日本仏教海外布教研究」の課題
オランダ環境報告−環境先進国でのエコ・ライフを探る−
健やかな老いを支えるもの−ある老人のヘルスケアに果たした仏教の役割−
近代日本における仏教看護活動仏教系看護婦養成施設にみる特徴 1,
クローン技術の真の問題
「新華字典」における死生観に関連する言葉
生活福祉資金貸付制度の現状と課題−介護・療養資金貸付相談の事例検討を通して−
カール・ラートゲンと阪谷史論-社会経済史研究への息吹-
江州草津宿における「町」と屋敷地
「芸娼妓開放」と陸奥宗光
太宰治「美少女」論-ギリシャ神話を視座として-
前尾記念文庫所蔵の近代政治家書簡群について
持続的社会構築のための環境意識とその行動に関する研究
人が真に幸せになる技術
持続的社会構築のための高分子化学の発展
商店街における個店「入れ替わり」の意味-伏見大手筋商店街にみる実態と商店街組織の対応-
高齢化社会と商店街-西新道錦会商店街の取り組み-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る