私の歩んできた道 「聞く」1982
「日本一先生」は語る 「大村はま自伝」1990
私の見た先生の一面
人生のかわりめ−真実を語った人との出会い
市田における図画研究会
染浄の人・桑原末吉先生
野をゆく聖者の如く−林先生の授業巡礼に思う
戦死せる教え児よ
子供らとともに
約言
自由教育に生を捧げて
教師の研修の歴史
私の歩みから
私が学んだ人びと
自由民権の若者の思いは学校に生きていた
かけぬけていくもの
金曜会の組織と実践−「学校組織論」の実践的展開
校内研修
小学生時代 「数学者の回想」1950
芦田先生の思い出 「回想の芦田恵之助」1957
恩師 「弁天山美家古 浅草寿司屋ばなし」1990
小林宗作校長先生 「窓ぎわのトットちゃん」1981
阪井先生との出会い 「生きることの意味-ある少年のおいたち」1974
指導の特殊性
教育の原点はどこに
玉村小学校
日光街道三百キロ
森の中の学校へ
島小の新任教師
教師らしくない教師と子どもらしくない子どもがいる教室を求めて
なれと甘えでない「真の仲間」づくりを
新しく教職に就く人たちへ
新しく教職に就く人たちへ
若い教師への手紙
新任教師の成長の語るもの
教育実践と人権問題
綴方教育に於ける北方的営為
風の子
死−佳奈とともに生きる
日日の生活への問い
学校緘黙
明日香とともに−養護学校に学んで
生活の地図
「つまづき」をバネに
自由作文で学び合う
授業を見つめ直す−「理(ことわり)」の世界へ
杉崎先生のことども
説諭要略 「説諭要略 巻之一」1874
学制序文[学事奨励に関する被仰出書]「太政官布告No.214」1872年
職場づくり 「学校づくりの記」1958
校長としてのとりくみ 「教師にとって愚直とはなにか」1970
校長記 「ある小学校長の回想」1967
ひとりひとりを生かす 「実践活動の概要」1992
個性化教育をめざして 「個性化教育へのアプローチ」1983
校内研修の改革 「校内研修」1990
全校朝会の講話 「小学生 君ならどう学ぶか」1987
生徒たちへのことば 「ひとむれ」1987
新任の頃
戦中に於ける教師の仕事
新任教師の期待と不安
ひたぶるな新任教師の誕生
山あいの中学校、新米英語教師泣き笑いの一年
私は新米教師
私の歴史
はじめの一年
新任の頃
教師になるということ
子どもを見つめて
若勢となった新米教師
訓導時代
全校集団づくりへの道
北海道家庭学校の教育
学校再建の柱は教育だ
問題をかかえる生徒の指導
非行への総力戦
尾鷲中教育の発想の転換
“集中砲火”の中で立ち直った
蒙求
全校あげてのいじめ追放のとりくみ
富士見中学いじめ訴訟控訴審判決
いじめ克服の新しい実践
猪田小学校の学校改造 「労作の新学校」1930
滝野川小学校の学校改造 「教育論叢」1935
富士小学校の学校改造 「体験富士の学校経営」1936
児童の村の教育 「教育の世紀」1925
自由学園小学校の出発 「婦人之友」1928,「羽仁もと子著作集 4 思想しつつ生活しつつ 下」
私どもの成城小学校 「教育の世紀」1925
成蹊小学校の出発 「成蹊小学校之一年間」1917
誠之小学校内諸規定の整備 「誠之が語る近現代教育史」1988
「小学校令」下の教育 「信州中野小学校百年史」1973
開智学校 「近代日本教育の記録 上」1987
大衆児童の生活「啓明パンフレット第5冊 大衆児童の生活-一般学童の経済生活に関する調査及びその批判 1925」
生活考(創作鑑賞 土の綴り方 1928)
子供生活の観察と道徳訓練 「生活訓練と道徳教育」1932
生活綴方の現実の問題 「北方教育」1933,1934
つつが虫記「人間教師として生きる」1978
「地球時代」への旅立ち
綴方「職業」をめぐって 「近代日本教育の記録 中」1978
北方性とその指導理論 「綴方生活」1935
ぼくら墨ぬり少国民−戦争と子どもと教師 1974

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る