日本古代における仏教と道教
古代日本における仙人信仰について
「父の香り」
日本古代の知識層と「老子」-<河上公注>の受容をめぐって-
陰陽道における道教の受容
覚鑁「五輪九字秘釈」の背景思想-道教・医学の両側面について
中国・日本の密教における道教的要素
「太上老君説常清静経註」について−杜光庭本の資料的検討−
明代後期儒学の道教摂取の一様相−王畿の思想における道教内丹実践論の位置づけをめぐって−
五斗米道政権の組織構造論の位置づけをめぐって
再出本「太平経」について−六朝道教諸派の中で−
全真教龍門派系譜考−「金蓋心灯」に記された龍門派の系譜に関する問題点について−
清末湖南宝慶府の青蓮教
梓潼帝君信仰研究の現状
「三宝太監西洋記」への他小説の影響
後漢における思過と首過について−自伝文学との関連を考えるために
仏教の終末観と救済思想−インドから中国へ−
六世紀中国の救世主信仰−「証香火本因経」を手がかりに
〈盂蘭盆〉語義解釈考
日本古代における「天地八陽神呪経」の受容−附、古写本二種(東寺観智院本、真福寺宝生院本)翻刻−
尋薬から存思へ−神仙思想と道教信仰との?閨|
「大洞真経三十九章」をめぐって
魔の観念と消魔の思想
天門地戸考
日中無影−尸解仙考
「道徳真経広聖義」に見える儒道一致思想
法琳の事跡にみる唐初の仏教・道教と国家
養老改元−醴泉と変若水−
長岡京・平安京造都と道教思想
「石上松生剣」伝承考
石上神宮の成立−歴史地理学の一視点
大陸の島の文化−その移転と経済
オカメ・ヒョットコ考−日本民俗における易の受容
尋薬から存思へ−神仙思想と道教信仰との??
「大洞真経三十九章」をめぐって
魔の観念と消魔の思想
天門地戸考
日中無影−尸解仙考
「道徳真経広聖義」に見える儒道一致思想
法琳の事跡にみる唐初の仏教・道教と国家
唐代楼観考−欧陽詢撰「大唐宗聖観記」碑を手掛りとして−
遊仙詩の成立と展開
「歩虚詞」考
構想力の論理
初唐の詩人と宗教−盧照隣の場合
「真誥」中の押韻字に見える言語的特性
「真誥」兪安期本成立の時代的情況−萬暦の知識人と道教
道士と道士団−現代台湾南部の事例から
金允中の道教儀礼学について
仏教十戒思想の中国的受容
斎戒?ョと至言総
仏教の影響による道教戒の形式
明応八年の庚申供養輪廻塔について
再び庚申供養輪廻塔について
道蔵編纂史
経典の研究
古道経目録
吉岡君のことども
道教の心
思い出の記
北京の頃と道教
永世への願い
道教入門
叢林規略
益都文廟大蔵経整理後記
乾隆版「香山宝巻」
同治版「香山宝巻」
弥勒地蔵十王宝巻
道教の実態
道教小志
完結にあたって
外道学人
吉岡先生の想い出
「斬龍」覚え書
「基層」発掘−常世と神−
道教における「?Q」と「章(ノリト)」-「延喜式」の「祭祀」と「祝詞」に寄せて
日本における人形の起源
律令祭祀論の一視点
「急々如律令」を探る
中国の民間の竈神信仰
五台山の普済仏教
銷釈金剛科儀の成立について
吉岡さんを追憶する
「吉岡義豊著作集」聞梓賛頌辞
吉岡義豊君を憶う
青面金剛と庚申信仰 附 青面金剛之法・辟鬼珠法
庚申経成立の問題
道教教団の系譜
道教的思惟形態の特質
近世日本に於ける道教思想の受容
韓国の道教資料
吉岡先生とわたし
トラック上の印相口授
鍾乳石服用の流行と柳宗元の書簡
道教の??決=印契について
元興寺極楽坊所蔵の離別祭文と夫妻和合祭文について
三教指帰の成立について
五輪九字秘釈と道教五蔵観
妙見信仰と道教の真武神 附 天正写本「霊符之秘伝」
三教指帰と五輪九字秘釈の道教思想

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る