養生思想に関する欧米の研究
疑経に見える疾病・養生観の一側面-「堤謂経」とその周辺
「五輪九字秘釈」と養生思想
密教の身体マンダラ観
〈長生久視〉の方法とその系譜−日本古代の知識層における養生と薬物−
イスラームにおける養生法-桑林の舞からスーフィー旋舞へ-
インド医学の中の養生法
錬金術の原理
敬愛なる安居香山博士を哀悼す
黄家当立説の根拠を弁ず
真誥と讖緯
文化大革命は階級闘争である−学者・文化人の懸念に答えて
原初的生命観と気の概念の成立−殷周から後漢まで
原初的生命観と気の概念の成立−殷周から後漢まで
原初的生命観と気の概念の成立−殷周から後漢まで
原初的生命観と気の概念の成立−殷周から後漢まで
儒道仏三教交渉における気の概念−魏晋から五代まで
儒道仏三教交渉における気の概念−魏晋から五代まで
儒道仏三教交渉における気の概念−魏晋から五代まで
理気哲学における気の概念−北宋から清代まで
理気哲学における気の概念−北宋から清代まで
近代革新思想における気の概念−清末から五四まで
西洋文献における「気」の訳語
中国古代養生思想研究の現状と課題
「山海経」の「山経」にみえる薬物と治療
中国古代医書中の薬物の物産誌的考察
気功養生学と陰陽道学説
朱子詩傳膏肓
寒食散と養生
古代中国に於ける養生術的「匂い」の発端
修養と養生−中国古代思想におけるその一体性
「列子」と神仙・養生思想
美への志向
張横渠の思想−「天地」という世界
周濂渓の聖人説
三人の北宋士大夫の思想
北宋その他の正統論
呂晩村
王夫之
「載震の方法」試論
中国近代思想のなかの人民概念
〈われわれ中国人民〉の成立について
李大ショウ
毛沢東−「実践論」まで・その人間観
中国の「実践論」「矛盾論」について
〈中国の「実践論」「矛盾論」について〉について−理論の実践論
「人民内部の矛盾を正しく処理する問題について」に関する二三の問題について
これからの儒教及び中国思想
哲学の運命について−中国の場合
主語のない言葉−中国語についての試論
思想・思想史の〈かたち〉
「中国哲学」の「時間論」の動機
書評五篇
妄読
ある中国哲学のある側面
高等学校の漢文教科書
対句
空論についての空論
アンケート四篇
研究の自由を守れ−再論中国研究者と“ヒモツキ資金”
外国人学校制度と在日朝鮮人
書感
全人民参加の哲学−人間の生産闘争の理性的認識として
漢代の祥瑞思想に関する一二の考察
牟子の研究
斥仏運動の意義について−朝鮮太宗王の斥仏政策断行と儒仏交替の機縁に関する一研究−
上代支那に於ける法の概念
父母称謂考
「管子」の一考察
漢儒の文質説
禮記中庸篇の郭玄の解釈について
漢儒の述作のしかた−禮記諸篇の解剖
道蔵についての一管見
斥仏運動の胎生と成長−朝鮮に於ける儒仏交替の機縁に関する一研究
「学」と「教」の観念−上代支那の典籍に於いて
称呼と命名の排行性について
唐詩にあらはれてゐる仏教と道教
金光明経および法華経について
霊宝経の研究
華語における形体観念
朝鮮に於ける「諺文」の起源について
天下・国・家の思想
孟子の道義説
孟子と荀子の天下説
荀子の天下における物とその否定について
荘子(逍遥遊)
竹林の士とその「自然」について
魏の君子の思想の性質について
ケイ康たちの思想
ケイ康の「釈私論」の一つの解釈
程明道の天理−性理学の理的性格
李贄−正統ゆえの異端
顧憲成−中道の理想主義者
劉宗周−忠孝の人
黄宗羲−中国のルソー
方以智−徹底した懐疑主義的思想家
顧炎武−清代考拠学を基礎づけた思想家
王夫子−中華の道を志す実践家
顔元−労作教育と人間陶冶
戴震−容貌魁偉の考証学者

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る