道話の言語学的性格
町人生活と心学思想
心学と現代生活
石門心学と商人意識
道話の本質とその構造
心学と学生修練
手島堵庵とその一統
静坐と会輔
心学と軍人精神
心学と教育
心学と日本倫理学
道話に見えたる女性
心学活動の現状
心学者の社会事業
隣保制度と心学
心学と囚人教化
心学と禅
心学に関する文献
心学の経済思想
心学と国体
心学と国学
詩人の“死”に対する態度
生涯教育における“生”の統合
デス・エデュケーション
がんて逝った妹を支えたもの
東国東広域病院におけるビハーラ活動
アメリカのデス・エデユケーションと仏教ホスピス
死の看取りと死の作法
納棺夫が見た光の世界
死体が語る命の尊厳
白拍子の登場と変容−中世前期の買売春
「往生要集」に見る罪と罰−みやこびとの憎むこと、恐れるもの
戦争責任の無自覚
女性による/に対する犯罪−ヨーロッパ古代・中世のレイプをめぐる罪と罰
「目に見える」罪と罰−「悪弊の解剖」と衣服・演劇
緊急避難の免罪不処罰について−二重結果論からの考察
殺人鬼の帝国−ハリウッド的想像力の罪の罰
人間即ち臣子
十七條憲法の二大眼目
国家と教会 ホッブス著「レヴァイアサン」に於ける国家教会帰一論
学統論 自動性の実現としての知
理性的認識(ノエシス)に就て
フィヒテの国民教育論
ラ・ロシュフコオ小論

手本は二宮金次郎
二宮尊徳の生涯
心学と仏教
いのちをみつめる−生物物理学研究の中で−
いさぎよく死ぬ-アメリカの死学事情をまじえて−
仏教とデス・エデュケーション-死を容け入れるために-
新しい死の文化をめざして
医師と患者からみたそれぞれの死のイメージ
バイオエシックスからみた患者の死の迎え方
新しい死の文化の創造をめぐって-ターミナル・ケアにおける世界的傾向から
死別体験者への精神的援助
マス・メディアの立場からみた死の文化
マス・メディアの立場からみた死の文化
マス・メディアの立場からみた死の文化
死の覚悟からの生還−肝臓移植を受けて
宗教的死生観の諸相と特質−日本浄土教とM・ルター
浄土教思想の立場から
文明論の視座からの「生と死」−生と死の統合
生命科学・倫理の立場から
中国の死生観−道教を中心として−
イスラムの死生観
チベット人の“死”についての考え方
霊肉分離信仰の展開
宇宙の意志からみた環境・教育・未来
ルネサンスにおける“死と時間”
潔く死ねますか
ターミナル・ケアの実際
死への準備教育
癌と心
脳死と生命倫理
霊とともに生きる−アフリカの諸宗教における死と来世
人間の運命−古代メソポタミアにおける死と来世
これを持ってあの世へ−古代エジプトにおける死と来世
ギリシア悲劇とプラトンにおける死と来世
魔術から正義へ−旧約聖書における死と来世
新約聖書における死と来世
生きている者の束にくくられて−ユダヤ教の伝統における死と来世
キリスト教における死と生命の命
「今日こそお前に真実が顕わになる」-死と来世についてのイスラム教の理解
死と来世についてのヒンドゥー教の見方
脅威としての死、達成としての死-仏教、特に上座部仏教の伝統における死のとらえ方-
死と来世についてチベット密教の見方
中国の諸宗教における死と来世
哲学から見た生と死
キリスト教神学から見た生と死
死生観-清沢満之と正岡子規-
死を考える
途上の生
石田梅巖と日本精神
看護からみたバイオエシックスの展望,論評
看護からみたバイオエシックスの展望,論評
遺体に関する日本人に特徴的な観念と態度,論評
アメリカのバイオエシックスの宗教的・文化的基礎,論評
臨終と死に関してのバイオエシックス−積極的安楽死をめぐって,論評
生命の神聖性−その曖昧さと混乱,論評

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る