塵の中
死者との交信実験−死後生存の証拠
パノラマ的ヴィジョン-幻覚か、未知への架け橋か−死後生存の証拠
死者との遭遇-悲哀カウンセリング、社会学、超心理学の観点から
科学、死、目的−唯物論の挑戦
記憶は脳の死後も存在しうるか?
宇宙の生成と死
生命科学と死
ターミナル・ケアと庶民の死
「臨死体験」の世界−臨死体験とは何か?
死をふくむ風景
あるイメージ体験
臨死体験の心理
臨死体験と超心理学
神秘主義における死の体験
人間−その生死の位相−
終末期から生と死を省察する
生老病死
臓器移植が現代に問いかけるもの
「生きていること」の生理学的仕組み
脳の死は心の死を意味するか
希望と絶望のはざまで−青年の生と死−
孤独と放置の中の生と死
海の死、山の死、空の死、そして人間の死
人はなぜ弔いの鐘を鳴らすのか
戦争と死
靖国の英霊−日本近代の戦争と死−
朝鮮人の死観と「恨」の物語
ソクラテスと死−あるいはプラトン『パイドン』篇における「死の練習」−
わたしの死−エピクロスの場合−
イエスの生、イエスの死
核時代の生と死
最中とボーダーレス
訪問看護で出会った人々
私の安楽死考
教え子に私のラシストステージを託す
死の恐怖について
死への心がまえを問いかけられて
私のラストステージはこう望む
おだやかなラストステージ
私のラストステージ
ラストステージの前に
「生ききる」ためには
機械の力で生きるのはいや
二つの死から
死は永遠の命に到る門
私小説 萬穂皆吉の生涯
安らかな死を考える あとがき
人間と死
日本における死の観念
日本神話にねられる生と死
生と死の関係論
インド思想における輪廻
細胞社会における生と死
植物細胞の生と死−動物細胞との対比から−
生と死の多様性−動物学の立場から−
文化システムとしての死−死の豊かさの復権
刑法における生と死
生命の価値−生と死の生物学的考察
死と死体
死を無限を生む
海老の天ぷら
私にとっての尊厳死
日本神話に照らしてみた脳死・臓器移植
心臓の交換と心臓の瞑想
日本人の死生観
生命の価値 生と死の生物学的考察
死と死体
死が無限を生む
宇宙の生成と死
生命科学と死
ターミナル・ケアと庶民の死
私のラストステージはこう望む
科学的合理性に徹した終末医療を望む
尊厳死を真剣に考える
人間らしく死なせていただきたい
私のラストステージ設計書
死の権利協会世界連合について
リビング・ウィルによる死
望む場所で望む医療を
再び、天国に遠い者の願い
「終末期宣言書」を書く
私自身のターミナル・ステージを想像して
人に迷惑をかけないような最期を
医の心を大切に
病苦
本当に望むものを共に考える
最期まで自分の主人でありたい
死ぬまで生きる
ごくありふれた{ラストステージ}を
医師の立場から
信頼関係が第一
暗闇から光の世界へ
終末医療を考える
私のラストステージへの願いと期待
遺しておきたい言葉
寿命の分布
死の判定
死と精神医学 精神分析と自殺をめぐって
死の美学 その偽りの表現

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る