人倫的国家の理想とその伝統
伝統
国家哲学
文化の哲学と教育の哲学(上)
カントの倫理思想−ドイツ観念論の倫理思想
誕生と成年式
原始社会(上)
印度の倫理
日本倫理思想史上西洋思想との交渉
支配
原始社会(下)
家族
国家理由の問題
コスモポリテースの倫理思想
新約聖書の倫理思想
支那史学に現れたる倫理思想
神道に於ける倫理思想
不安
平常心
徳の諸相
文化の哲学と教育の諸相(下)
歴史的存在の論理−ヘーゲルにおける「論理」と「実存」
ヘブライ的人間の社会的実存自覚
自然と人間−カントの人間哲学に即して
実存と政治−ヤスパースの場合
「敬」−武士の倫理
正直と倹約−石門心学における思惟方法の特色
倫理の基底としての習俗
行動の条理としての倫理−倫理と論理
人間の「間」と倫理
狂気の意味するもの
倫理学を超えるものから
フィヒテの実践哲学−ドイツ観念論の倫理思想
易の倫理思想
尊皇思想とその伝統
ミュートス
ノモス
制度
実践哲学序論
歴史哲学(第一部)
国学に於ける倫理思想
幕末に於ける倫理思想
市民社会
カトリック教会の倫理思想
生の哲学に於ける倫理思想
吠咤文学に現はれたる倫理観
献身の道徳とその伝統
義しさ
小乗仏教の倫理
ラマ教の倫理観
支那文芸と倫理思想
所有
頒暦制度の崩壊と暦家賀茂氏
陰陽頭・安倍泰親の天文古記録
「革暦類」についての考察-治安元年辛酉を中心として-
陰陽道に受容された「緯書」について
祭文にみる呪文「急急如律令」をめぐって-所謂中世祭文の流布主体は修験道・山伏の集団であるのか
鎮井祭の周辺
<天コウ>呪符の成立-日本古代における北辰・北斗信仰の受容過程をめぐって-
「反閉」と大乗戒壇結界法
陰陽道の反閇について
四角祭考
近世の占い−明和七年の占考争論を中心にして
古代・中世の占い
日本における陰陽道の史的位相
宿曜経と宿曜勘文
占いと陰陽道の占申部門
祭・祓と陰陽道の祭祀部門
天文・暦・宿曜道
近代自我への再検討
実存と共同存在
実存と超人
超越と詩−ニーチェとリルケの場合
実存と愛−G.マルセル
実存と教育
実存と生
新生と浄福
「?†^抄」以前-狐の子安倍の童子の物語
狂言の陰陽師−有世の面影−
中世京都の声聞師
中世大和における声聞師−「三棟」と「移住」をめぐって−
中世陰陽道研究の動向
近世日本の陰陽道−陰陽師の存在形態を中心に
普請と作事−大地と人間
江戸時代初期の土御門家とその職掌
江戸期における陰陽道と暦道−土御門家と幸徳井家
近世土御門家の陰陽師支配と配下陰陽師
近世陰陽道の編成と組織
民間陰陽師の発生とその展開
土御門家と「歴代組」の考察-近世陰陽道の実態
近世大和の陰陽師と奈良暦
但馬・丹後の陰陽師
萬歳の成立
一代一度の天曹地府祭
徳川家康の天曹地府祭都状−その正本の決定を中心に−
宝暦の改暦について
貞享補暦と宝暦改暦
近世陰陽道の研究成果と課題
仏教教典のなかの暦、宿曜経
東南アジア華人社会のシャーマニズム-「力」(LI,LA)の観念を中心に

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る