アジアのシャーマニズム-フィールド・ワークの経験を通して-
柳田国男と折口信夫の霊魂観
中国における陰陽五行説
日本古代の陰陽道
陰陽寮成立以前
陰陽道の成立
勅命還俗と方技官僚の形成
陰陽道の一側面−平安中期を中心として−
陰陽道祭祀の成立と展開
陰陽道における典拠の考察-いわゆる本書・本条・本文の存在意義
物忌考
金神の忌の発生
院政期における方違
衰日管見
陰陽寮と陰陽道
物忌・方違と陰陽道の勘申部門
中世日本の陰陽道
鎌倉時代の陰陽道の一考察
関東天文・陰陽道成立に関する一考察-特に「和田合戦」との関連について
中世の公家社会と陰陽道について-「師守記」にみる-
室町時代における祈祷と公武統一政権
室町政権と陰陽道
暦道賀茂家断絶の事−永禄〜文禄期宮廷陰陽道の動向−
静間讀
私祈祷の成立−伊勢流祓の形成過程−
祇園社と陰陽道
法道仙人と播磨の陰陽師
社会的存在の論理−社会における弁証法の把握をめぐって
神と妖怪の民俗学
祭りのコスモロジー
女の霊力
サブカルチャーとしての老人文化
ミロクと世直し
「血」と「スジ」
奇談雑史 正編,次編
幽現通話 上
霊夢記
奇談聞書
太神宮霊験雑記
天地開闢生植一理考
幕末の神界幻想
「奇談雑史」の世界
日本民俗学の先駆者
イスラームにおける魂の行方
ニューギニアにおける魂の行方
バリ人の霊魂観
チベット人のみる霊魂の行方
モンゴル人の魂の行方
中国人のみた魂の行方 愛しい人を恋うる魂
ナシ族の葬送儀礼と他界観
仏教の霊魂観と日本的受容
折々に「この世」と行き通う霊魂 日本人の霊魂観
源氏物語の精霊思想
東西詩歌に見る「土に帰る」から「魂の行方」まで
中国人の霊魂観
韓国における祟り信仰
日本人の霊魂観
仏教における霊魂崇拝について
みんな淋しくなつかしく
本当の信仰をもつ
ほとけを信じて生きる
仏説 末法オカルト経
「死霊のたたり」は絶対に無い
霊魂問題の複雑性に迷う
迷悟、我にあれば
まごころを添える供養
たたり商法のチャンピオン
内なる妄想が恐い
弱り目に祟り目
霊の山
幽霊の正体
「たたり」を生かす
愚の骨頂
霊にたたる力はない
宗教儲け屋
私と祖先
「たたり」ということ
奇特玄妙の道理なし
世代の差
おやごころ
鎮魂は生者のための祭儀
議論の領域外のこと
宗教家モドキ
仏教のものではない
既成仏教教団の落し子
自利利他を霊という
水子霊のたたり解決法
鬼神の仕業
無有恐怖
霊のたたりは心の迷い
仏教の霊魂観
日本の自然と霊
現代日本の葬儀にみる霊魂観
科学者の霊魂観
医学的にみた霊魂
三つの宝珠と初午の理
靖国神社に来たけれど沖縄の那覇から来た人
霊界から来た兵士
世にも不思議な米俵
不思議な光の柱の立ったところ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る