戦時中の美学科
(死の影)のもとに 美学を求めて
大西先生のこと
大西先生とサッカー
戦時中の美学科
大西克礼先生のこと
アカデミズムへのあこがれ
あのころ
大西克礼先生録
仏文から美学へ
軍服を着た美学生
先生ご在職最後の学生
追想
大西克礼先生の思い出
追悼の辞
弔辞
「記念の集い」を司会して
信州安曇野に立つ寸心書碑
古在先生追悼三題
吉野さんと古在さん
人間への限りない優しさ
其の心の在り方の延長線を
「この人を見よ」
真理と真実にこだわって
「他人の思想に人は生命を投げ出さない」
とびきりの客人
先生との旅
古在由重先生への追悼
古在先生と病気
古在先生の書のこと
思い出すままに
せめて痛みを忘れる日が欲しかった
甥として見た古在由重

発汗にいたるまで
あとがきにかえて
大丈夫の風格をもつ哲学者
偶感
懐旧−東大在学の頃
我が師 大西克礼先生
大西克礼先生のこと
大西先生の言葉と私の思い出
「大西研究室」の思い出
映画監督からもののあはれへ
平和運動と古在由重先生
八四年問題と古在発言
元日の電話
自由民権百年集会と古在さん
「スポーツの人、平和の人」
自由大学・哲学サークルと古在先生
古在由重先生のこと
思想者・古在由重を慕う
私の大学
古在哲学の資質
人の背後に生きる精神
白昼夢・月光−古在さんのグリムプス
追悼・古在由重先生のこと
友愛と哲学
私の中の古在先生
故古在由重先生の片鱗を語る
自由と自由主義
でいあろごす
「版の会」のはじまり
「版の会」と古在先生
哲学者古在由重先生への追慕
情念を担う哲学
古在先生を偲んで
マルクス主義哲学の自己否定の道
古在先生の「片言双句」
宗教
(第2回総合討議)井上円了の教育理念-その思想と行動-
(客員研究報告)井上円了と真宗
戦前の私立大学の変遷−明治二十年以降「大学令」に至たる
円了思想の科学技術的側面
井上円了の中国巡講
「襲常詩稿」初探-井上円了齢在十五歳-
円了の妖怪・円朝の幽霊
学祖研究室について
「長岡学校開業一条」
高橋家書簡
「静岡県巡講日誌」
堅牢な知性、不抜の勇気
青年時代の古在由重君
老友古在由重君
一高時代の古在由重君
わが師古在由重先生
私の心に残る古在先生
偶然性(講演)
古在さんとわたしたち
古在由重氏と「京浜労働者グループ」の関係
組織を超える志
古在先生と私
義の人 古在由重先生
絶えず民衆の視点から
勇気凛々の人
中野好夫先生宅で
古在先生勝利のやり
井上円了の学位に就いて
井上円了の哲学
祖父 井上円了について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る