禅寺以前の長福寺と梅津庄
寺院長福寺の成立と展開
長福寺の禅院化と梅津氏
長福寺文書性格をめぐって
長福寺境内の構成−「大梅山長福寺全盛古大図」を中心に−
客観的事実と宗教的事実を
「成願寺」誌の発刊に序す
坐禅会発足の由縁と想い出
現代人のオアシス
稲村坦元先生、そして鈴木尚先生
「成願寺」誌刊行にあたって
鹿王院文書解題
春屋妙葩と夢窓派の展開
鹿王院所蔵の「春屋妙葩」
鹿王院と豊臣政権
近世の鹿王院の遠忌法会に関する一考察
天龍寺文書の構成と内容
天龍寺・臨川寺・善入寺の所領について
天龍寺・臨川寺の寺辺・近傍所領
世良親王遺領と臨川寺の創建
天龍寺塔頭寿寧院の文書と所領
戦国・織豊期の天龍寺諸塔頭について
私の坐禅体験を語る
正力氏の坐禅体験について
共に是れ凡夫のみ
剣禅一貫
何時でも死に得る人間に
禅と読書争議
吾が師森本省念老師を偲ぶ
省念老師の風光
私の省念老師
孝慈室逸話断章
無碍の人
森本省念様と放光寺辺一杯の水
森本省念老師
一俗弟子の回想記
葉末の露
「死ぬ時が来たら、死ぬまで」
森本省念老師様の思い出
森本省念老師様
森本省念老師を偲んで
森本老師様
省念伯父のことなど
省念老師の思い出
追想
“さいきょのおっさん”と呼んでいた頃の想い出
森本省念老師を憶う
森本省念老師
省念老師のこと
森本省念老師のこと
文華殿蔵の黄檗宗末寺帳
末寺帳に見る黄檗宗教団
延享末寺帳 史料
明和末寺帳 史料
天保末寺帳 史料
無住寺院帳 史料
塔頭三十三院改帳 史料
長福寺文書の概要−解題にかえて−
長福寺文書に登場する固有名詞−文書析出の手がかりとして−
書から見た良寛と貞心
「恋学問妨」の歌について
柏崎の海を愛した貞心尼
良寛と貞心の愛
貞心尼と柏崎
カンタータ「良寛と貞心」、「良寛と貞心抄」
「良寛と貞心抄」楽譜
良寛菩薩を迎えて
大忍国仙人禅師伝
大愚良寛禅師伝
乳虎の隊
夢の世にかつまどろみて夢のまた−良寛と三人の女−
騰々、天真に任す
吾とと、筆硯と何ぞ縁あらん−良寛と書−
大愚良寛禅師伝
「帰らざる雁」と帰雁−乞食井月と良寛
人間の尊厳−その生きざま−
良寛の心
随筆集 風の声
詩抄
日本漢学史上における僧玄光
独庵玄光の思想
独庵玄光師の特異性とその位置
独庵玄光と中国禅−ある日本僧の中国文化理解−
独庵玄光の嗣法観とその背景
独庵玄光の世界−人と文学−
JEAN-CHRISTOPHE 1,2,
独庵玄光を廻る問題点−卍山系統及び天桂による独庵批判−
道者超元(独庵の師)に就いて
仏説善悪因果経 1巻
良寛と思想と技術革新について
良寛像の真実性
子規の終焉とその後
良寛研究家故石田吉貞先生追悼編 II 追憶
良寛の書
良寛さまの自由
良寛の書
良寛
良寛の時代
空間感と動的視覚
良寛の書

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る