曹洞宗と『修証義』・宗門の安心とはなにか
『修証義』成立の時代を考える
『修証義』編纂の主旨にそった“安心”のありよう
破三味線
中国禅宗史蹟地図 華中・江南
鎌倉仏教の成立と禅
道元禅
瑩山禅
江戸期宗学−寺院制度の整備と宗学の発展−
日本曹洞宗系譜
臨済宗の禅
黄檗宗の禅
禅と古典文学
現代の社会問題と禅仏教
葬送儀礼と禅−現代曹洞宗を中心として−
宗教の東西交流−禅仏教とキリスト教−
アメリカ・ヨーロッパにおける禅-禅の海外布教・曹洞宗を中心に-
現代宗教の諸形態−日本の新宗教運動−
曹洞宗典籍の概説
ブックガイド禅入門
正しい仏教はありうるか
無明とはなにか 再論
悟りとはなにか 問題提起
日常語の解体と再建としての宗教体験
釈尊の悟りを中心として
宗教体験と言葉・悟りとはなにか 再論
釈尊と真理・法が先か仏が先か
南英
仏果碧巌破関撃節の刊行に際して
公案論
禅と念仏の心理学的基礎
大灯百二十則
大灯国師行状
禅の立場
禅における安心の問題
禅における「法」と「人」
現代文明と禅
キリスト教と哲学と禅
科学と禅
禅と組織の問題
禅と言葉の問題
詩偈
仏教以前の宗教と思想
仏教興起の時代背景
釈尊の生涯とその思想
仏教思想の発展と教団の成立
南方上座部仏教
チベットの仏教と禅
仏教の伝播
禅の伝来
唐朝禅の展開
宋朝禅の繁栄
禅と浄土思想
中国仏教の現状
中国禅宗略系譜
修証義の用語集
修証義講話 前三章
修証義講話 後二章
修証義と正法眼蔵
道元禅師の在宋中の行実−五山・天台山参拝にちなんで−
栄西・道元相見問題について-古写本「建撕記」発見に因みて−
円頓戒と栄西・道元
懐奘禅師と栄西禅師
永平道元と蘭渓道隆
「正法眼蔵抄」の成立とその性格
宗学思想史上における義雲禅師の位置
円頓戒と禅戒・仏祖正伝菩薩戒
「永平清規」の背景としての「百丈清規」
清規史上における「瑩山清規」の意義
「正法眼蔵」の成立的研究について−古田紹欽氏著「正法眼蔵の研究」刊行にちなんで−
「永平広録」考
本証妙修の思想史的背景
真字「正法眼蔵」より仮字「正法眼蔵」へ
道元禅師の在宋中の行実−五山・天台山参拝にちなんで−
盤珪禅
盤珪の不生禅−禅経験の研究序説−
達摩から慧能に至る
慧能示寂直後の禅思想
臨済の基本思想
日本禅宗史の一断面
槐安国語を読みて
禅と白隠
寒巌義尹嗣承異説をめぐる諸問題
怪猫傳
地方武士団の曹洞宗受容について
禅宗の教団運営と輪住制−加賀仏陀寺・越前竜沢寺の場合−
広沢寺本「報恩録」について
禅宗板碑について
東皐心越研究序説
衛藤先生の憶い出
禅と自由−「臨済録」を語る
禅と精神分析−無意識と無心
西田哲学と禅−三十二年一刹那
禅とキリスト教−禅の立場
今日と禅−閉かずの門−
今日と禅−閉かずの門−
禅と哲学−道元の世界と哲学−
禅と悟り−臨済録と曹洞禅
禅と言葉−不立文字と根源語
禅と言葉−不立文字と根源語

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る