於仁安佐美
宝鏡窟之記
遠羅天釜続集
遠羅天釜
仮名因縁法語
再バン布鼓
布鼓
安心法興利多々記
鵠林尺牘
子守唄
大道ちょぼくれ
施行歌
主心お婆々粉引歌
雑纂
讃語
藻塩集
四智辨
杖山百韻
おたふく女郎粉引歌
草取唄
善悪種蒔鏡和讃
かな葎
坐禅和讃
壁訴訟
毒爪牙
福来進女
孝道和讃
兎専使稿
新刊補記
袴谷・松本両氏の仏教理解に対する若干の異義申し立て
〈八種施〉考
『大乗義章』の研究 1−「三蔵義」「十二部経義」註釈研究−
馬祖における「楞伽経」「二入四行論」の依用
坐臥の脱落
日本近代と英語教育
唯識文献における三性と三相について
チャンドラキールティの円成実性解釈に対するツォンカパの見解
「正法眼蔵」はいかに編輯されたか
「発智論」の「仏教」の定義
<凡夫>考
「成唯識論」外教論駁総括箇所の考察
「是什麼」考ノート
禅那院珍海の研究(序説)
道元禅師の輪廻観−種子説の立場より−
道元禅師の因果論−因果歴然と因果超越−
思想論争雑考
「大乗起信論」における「大乗」と「摩訶衍」
TARKAJUALA引用されるCANDRAKIRTIの見解
書評 城福雅伸著「現代語訳・講義 成唯識論 巻第五」
書評 藤原正彦著「国家の品格」
「無明」を転じて「明」となす
『大乗大義章』第一三問答の考察
山口瑞鳳博士のチベット語文語文法三部作
寡婦の両銭物語とP=ケーラス紹介のそれに対するS=ビールの見解
記主良忠上人
欲望の檻−日本近代と私小説的伝統−
教団破壊条項考
『中論』におけるSVABHAVAについて
汝達の『仏祖宗派総図』の構成について−資料編−
インド仏教史の新たな視点−現代仏教学にパラダイムシフトは可能か−
道元禅師の修道論−特に「正法眼蔵随聞記」に見られる学道の用心について−
漢詩から和歌へ 1,
鎌倉期三論宗における「仏性縁起」解釈について
浄影寺慧遠の二諦説
「仏祖宗派総図」の分析 「總編嗣法人数目録」の内容
戦争の時代−日本文化礼讃者の系譜
仏教思想論争考
偽装されたリバイアサン−近代日本の支配的国家イメージについて−
ツォンカパの自相説について 1,
不共無明とは何か
八重葎
貧女の一灯物語−「小善成仏」の背景 2−
「倶舎論」における“SVALAKSANADHARANAD DHARMAH”という句について
TARKAJVALAの二諦説に関する疑問 2
カイネーヤ仙人物語−「一音演説法」の背景−
「大乗起信論同異略集」の著者について
鑑真来日のなぞ
源信思想研究−第1部 「大乗対倶舎抄」の註釈的研究 1−
親鸞を讃仰した超国家主義者たち 1−原理日本社の三井甲之の思想−
ヘーゲル論理学読解入門(中−1)「本質論A」
仏教学における方法論の問題について−<権威主義>と<差別主義>との関連において−
松本史朗博士の批判二篇への返答
道元禅師の時間論研究
龍谷大学と三論教学
「倶舎論」におけるSVABHAVAについて
本覚思想と本迹思想−本覚思想批判に応えて−(公開講演)
『源氏物語』における顔之推作品の利用−『顔氏家訓』と『冤魂志』「王範妾」−
道元禅師の布施観−『正法眼蔵』「四摂法」の布施について−
光宅寺法雲における<二諦>と<因果>について−『法華義記』を中心に−
寝惚之眼覚
SVALAKSANAとSAMANYALAKSANAについて 1,
「成実論」における色藹の定義
瑜伽行派における自性分別と無分別智
梁武帝撰「菩提達摩碑文」の再検討 2
道元禅師の修業観−はるかな仏道という視点−
吉蔵における「四種声聞義」再考
世阿弥の花と禅思想
「正法眼蔵」における「禅苑清規」の引用について−「安居」を中心にして−
吉蔵における浄土観
何燕生著「道元と中国禅思想」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る