大阪の都会情調
クウバ紀行
倫敦通信
大寺の前の広場
サン・シュルピスの広場から
パリの宿から
巴里日記
エンゲン湖畔
巴里より
ブルタアニユ
羅馬へ
テエベス・百門の都
アマルフイ
埃及旅行の後に
里昂より
パリ近時

ストラアスブウルからハイデルベルヒへ
独逸
伯林より
リュウ・ド・セイヌ
最近美術界
三人吉三
吉林
文華殿観画記
為藤五郎に與ふ
北支那雑話
高其佩と朗世寧と
支那の陶器
支那の劇
満州通信
満州通信拾遺
南画を論ず
故国
北京
河南風物談
徐州−洛陽
銭舜挙
むだこと
人に
卒業生諸君に告ぐ
中華民国学生諸君に告ぐ
奉天洋画研究会展覧会目録序
奉天に於ける回回教の寺院
支那博物館
跳塔
平壌及び其付近の古墳
朝鮮風物記
遼陽の古墳
支那住宅の装飾的要素
近頃のこと
日本演劇に関する考察
岡本綺堂氏の戯曲
故平出修君を追懐す
文壇近時
最近時事
小杉健吉作品展覧会目録序
新似顔絵雑誌初号序
隅田川両岸の風景
柚木久太郎滞欧作品展覧会
小杉健吉氏個人展覧会
谷崎潤一郎氏の戯曲法成寺物語を読みて史劇を論ず
現代
松本博士新著「現代の日本画」を読む 附日本美術及美術史上の諸問題
新作評論
所謂問題文芸と理想と
座頭殺し
新芸術の先駆者−二科展評
文展の洋画
現代の芸術的意義
平福百穂氏作「朝霧」評
批評家と「夜」と
浦上村事件
「三人吉三」合評
故小林清親翁の事
新年雑誌創作評
道楽日記
現代の歴史小説
美術通信
立体派の絵画
国民的文化の自覚とは何ぞや
新東洋趣味
文壇現状論
予感及び模索
海の幸(青木繁氏遺作画集の後へに書す)
演説・講演
元素的−概念的
後ろの世界(第六回文展洋画評)
海国の葬礼
洋画に於ける非自然主義的傾向 附カンヂンスキイの画論
劇評
「桐の花」に就いて
フユウザン会(岸田劉生氏の芸術)
光風会
現代大家小芸術品展覧会
小林清親が東京名所図会
ホトトギス催能の所感
「エレクトラ」の実演を嗤ふ
芸術と国民性
文展の洋画を評す

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る