詩の生活
海への郷愁
私の進軍
犬と詩人達

自由への道
れぷぶりかの人間
帆・ランプ・鴎
鶴の葬式
幼年
一日集
物象詩集
涙した神
點鐘鳴るところ
丸山薫
青い黒板
花の芯
青春不在
連れ去られた海
月渡る
蟻のいる顔
拾遺詩篇
丸山薫

丸山薫
調理のモラル
海の魅力
生むは難し
思春期のこえ
私の新年
コッテ作 ブルターニュの老婦
鳥群
すどうふ
『ミューズたちの散歩』
自動書記

老優の話
コブ牛形注口土器
好きなものなら
揺れる
庭と私
収拾のつかぬ自我
STARBOARD OR BOARD
朔太郎の疑問
ラインライト号
向日葵は西洋人よりも背が高い
大島の娘
スペインの沈黙 —美術展に寄せて—
戦争中における「戦後」の一つ
さらば、海老原喜之助よ
埴谷雄高
日本政治裁判史録 昭和・後
本を焼く
わが生涯における失敗
心すべきこと
ヒッピーその他
安岡章太郎君
少年時
くりごと
中野重治と空気と窓
「戦争の惨禍」について —乾いた眼の告発—
私の中の日本人 —堀田勝文と小泉信三—
オリンピック雑感
自前の実存主義 —椎名麟三君とその文学を悼む—
告別の辞 —明後日会を代表して—
ヒマラヤを越えインドへ葬式に
スペイン・四度目のゴヤの旅
カルガンチュワとパンタグリュエル物語
マノン・レスコー
ウージェニイ・グランデ
レ・ミゼラブル
カルメン
モンテ・クリスト
タイス
弟子
地獄の季節
海辺の墓地
失われた時を求めて
チボー家の人々
人間の条件
日々の死のなかで-「夜と霧」フランクル(霜山徳爾訳)-
感想一つ
セットにて
大地のうた
絶叫劇
美術出版社版『ゴヤ』
ロマン・キム先生を弔う
私と文学
パリの海老原喜之助
新選何会遊び 背紐
『汚れた手』 —威厳のある舞台に—
ああわが青春 —デュビビエの死—
ゲヴァラ『革命の回想』
ボードレール詩について
舞台再訪『海鳴りの底から』
“かくれくに”の熊野
「歴史」を志向する「記録」—映画「ベトナムを遠く離れて」を見て—
軍人勅諭と教育勅語
人間とカニと —『続・鎖の大陸』の感想
魯迅存在の凄壮さ —武田泰淳『秋風秋雨人を愁殺す』—

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る