中国遺跡探訪 元朝冬の都北京
春秋・戦国の風土
兵は詭道なり
画界漫言
戦国初期の兵法家
死して法制を残す
小泉信三博士を想う いただいた手紙の数々
二通の手紙
国際文化交流への足跡−先生と国際文化会館−
スポーツ精神の体現者
甥・姪たちが語る素顔の小泉信三
甥・姪たちが語る素顔の小泉信三
諸葛孔明の時代と舞台
至誠無双の名将
心を討つ 孔明の南征
名参謀の条件
乱世を泳いだ参謀たち
眩しき男たち
現代史秘話
対談 軍略家孔明の実像にせまる
乱世と庶民
丞相周辺の食べもの
中国遺跡探訪
三国時代の夜明け前
「三国志」の三英傑 権謀の人—曹操
「三国志」の三英傑 情義の人—劉備
「三国志」の三英傑 奇英の人—孫権
乱世にみるトップの条件
「三国志」の群雄たち
後撰和歌集
北一輝における天皇 3 天皇論
北一輝 4 中国革命論・対外観
国民的使命観の諸類型とその特質 4 中国革命論・対外観
北一輝と青年将校
北一輝と二・二六事件
ファシズム文献案内
解題 さまざまの北一輝像
春日局七つの謎を解く
春日局ものしり事典
春日局波瀾の六十五年
大奥習い事物語
名婦物語 春日局
随想「春日局」を書いたころ
甥・姪たちが語る素顔の小泉信三
小泉先生を偲ぶ
近代経済学の導入者 日本経済学史に与えたその影響
洗練されたナショナリストの横顔
気骨あるその生涯 近代日本の教育者として
中山義秀文学碑
古画の研究
撰文はマジック・ペンで−中山義秀文学碑のこと−
漱石の生きた明治−その淋しい旋律−「漱石とアーサー王伝説」
拾遺和歌集
父・春草の思い出
柳沢吉保の人間像
柳沢吉保と恵林寺
柳沢吉保と元禄文化
日本ファシズムの源流 1「ファシスト、国家主義者」
日本超国家主義の原型 1「ファシスト、国家主義者」
『国体論及び純正社会主義』について 2「社会主義者」
危機の意識と日本型ファシズムの経済思想 2「社会主義者」
「純正社会主義」の原理と方法 2「社会主義者」
北一輝と高畠素之 3「革命ロマン主義者」
北一輝論 3「革命ロマン主義者」
唯一者とその浪漫的革命 3「革命ロマン主義者」
詩人輝次郎の転位 3「革命ロマン主義者」
ブルジョア的価値の否定 4「土着的革命家」
超国家主義の思想的形成 4「土着的革命家」
北一輝と〈大衆の叛乱〉の時代 4「土着的革命家」
北一輝と法華経 4「土着的革命家」
北一輝問題 4「土着的革命家」
北清事変
北一輝の維新史観 1 歴史論
『日本改造法案大綱』について 2 革命論
北一輝の革命論 2 革命論
テロと日蓮主義の関係 2 革命論
家老にみる名宰相の条件
藩政の仕組みと家老 会津藩の二百年
藩創成期の実力者たち 藩政初期の家老
財政危機への対応 藩政中期の家老
勤王と佐幕の狭間で 幕末の家老
異色家老列伝
お家騒動の史的背景 下野黒羽藩
江戸幕府にみる老中 藩家老との対比を通じて
父天来・母小琴の一面
天来の人と芸術
天来と古典
天来の文教業蹟
天来と前衛書
比田井天来の門流
天来以後
小琴先生の人と書
小琴先生と古筆
天来書話
春草展開催にあたって
菱田春草の世界
菱田春草をめぐって
画界新彩
絵画について
菱田春草氏の遠逝

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る