隋末唐初における蘭陵蕭氏の仏教受容−蕭?b?中心として−
初唐の文学者と仏教−王勃を中心として−
唐中期の仏教と国家
王の中の王、フビライの夢
海上国家への道程
チンギス・ハーンとティムール
「モンゴルの平和」と「ルネサンス文化」
フビライの帝都「大都」
モンゴルとマルムーク
モンゴル帝国形成を支えたトルコ民族、ウイグル
マルコ・ポーロとスバゲティ、アイスクリーム
クリミアに現れたモンゴルの末裔
強制連行・置き去りにされた人々
サハリンからの永住帰国者たち
待ちわびる妻と家族たち
日本人の妻と引き揚げた人々
天皇の名
風貌
唐末の政治と民衆叛乱
呉−南唐朝の兵力基盤に関する一考察−
「宋高僧伝」と「禅林僧宝伝」−北宋の賛寧と徳洪の僧史観−
科学者としての沈括
程明道小考−治績・新法・学校教育−
張天師と南宋の道教
宋代の村社と宗族−休寧県と白水県における二例−
浄明道研究上の二・三の問題(3)−浄明法から浄明道への展開−
ナゴタイ朝の漢地における戸口調査とその意義
民衆叙事文学完成への一様相考−元代雑劇の生成をめぐって−
明代班軍番戌考(3)
楚州府江県の郷紳呉氏の家系
清初の海禁政策の研究
清初における民衆の動き
秦俑坑とその発掘 刊行によせて
秦始皇陵兵馬俑
道教における天神の降臨授戒−その思想と信仰の源流−
仏は心に在り−「白黒論」から姚崇の「遺令」まで−
慧遠における中国的思惟
天皇陵
国絵画之伝統與現代化−兼介嶺南画派三大家
THE TAO AMONG THE YAO:TAOISM AND SINIFICATION OF SOUTH CHINA
ELITE AND POPULAR REFORMISM IN LATE MING:THE TRADITION OF WANGYANG-MING AND CH'ING
近代チベットの民族問題
道教の食文化論−「抱朴子」内篇を中心として−
漢代の「不道」罪について
司馬遷の「史記」述作の本意を探る
漢代に於ける儒家官僚の公卿層への浸潤
西羌の由来について
?ッ康における信仰と社会-向秀との「養生論」論争を中心として-
後漢末期における河北・山東文化の波及−三国時代の前史として−
呉の四姓について
「太丹隠書洞真玄経」の一考察
前秦政権の護軍について−「五胡」時代における諸種族支配の一例−
北涼滅亡時の姑臧の住民構造
道士-在家から出家へ-
「文始先生无上真人関令内伝」の成立について
「史通」の勧善懲悪論
玄宗治下における民衆の動向
前漢武帝の?絡ユについて
清代のチベット問題
「西域土地人物略」について
新彊の哥老会
ベトナム李朝の独立とCham人の問題-ベトナム地域にみられる統合とインパクト
東南アジア在華人の竈神信仰
一二八五年のアルグン=ハンの教皇宛書簡について
応神朝儒学伝来考
七、八世紀における日本の道教
修験道と神仙思想−役小角伝説を中心として
民衆教化書としての「妙好人伝」の一考察
?†^内伝の鈔本について
常人と凡人
MORE ABOUT MAPS THAN CHAPS-ブロデルの地史的構造史批判-
凌曙の学問と思想
教育の本義と教育基本法の問題
高校世界史の構成とアフリカ史
道蔵刻本之四個日期
明清時代之書院及其関連諸問題
三種の神器
清代文字獄−特に乾隆朝文字獄について−
清末江西の紅白黄教
清末江浙の茶館について
清末長江下流における青幇・私塩集団の動向-私塩流通との関係を中心に
中国医療伝道の開拓と宣教師の中国文医学書
変法運動と学堂
宗族爛熟期における義荘條規について−湖南善化黄氏の場合
中華民国時代の人身売買文書と家族制度
陜西省における青年運動-陜北・陜甘辺ソヴェトの創始者劉志丹とその周辺
満州国の国民教育と教員養成問題
遵義会議とコミンテルン
台湾の民衆宗教−管見軒轅教
香港の氏族・宗親団体−諸団体の刊行物を通してみた−
「三国志平話」について
訪問
古い写真から
書かれざる小説
三中隊異常あり
王手
銃後
兵は徐州へ
小隊長、前へ
彼方の声

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る