明治の教育と部落差別
画報と歴史教育—歴史家の夢—
錦絵随想 1〜12
日本近代史上の日清戦争と亀井茲明の記録
壱岐 海幸山幸の島
伯爵カメラマンとしての従軍日記
写真家としての亀井茲明
写真家亀井茲明の視線-追跡・日清戦争従軍カメラマン-
伯爵亀井コレ明の美術研究及び美術論
ある「石原完爾」論
歴史の幻影・満鉄
柳条溝から一週間 満州事変ドキュメント
昭和史における満州事変の位置
子供の眼に映った昭和一ケタ代
劇的空間としての満州
昿野と落日のロマン
「討匪行」前後
安い頭
「錦絵よ」さらば
二〇世紀の開幕
二つの墓碑銘
近代国家の光と影
私の中の「明治」について
民本主義の潮流
私の中の「明治」について(続)
岐路に立つ昭和日本
二つの記念碑—山宣没後五〇周年にあたって—
非常時への傾斜
戦争と国家総動員
戦時下の宗教弾圧
戦争の惨禍
覚書・私の三月一〇日
大日本帝国の終焉
廃虚にて 1946年日記から
目で見る歴史と「画報近代百年史」
“自由民権百年”を前にして
「世界史のなかの日本」ということ
ソウル瞥見
日本近代史研究会との出会い
不知火の海は語る
史料編纂者のくりごと
アメリカのフォト・ライブラリー
知識人社会の系譜
「髪結新三」の歴史世界
総攻撃を前に退去命令
満州事変から大東亜戦争まで
太平洋戦争下に於ける南方新聞経営
ある従軍記者
上海戦争の前夜
大戦傷を受けた読売新聞
ヨーロッパ大戦争下の従軍記者
死の通洲脱出記
台湾征討
西南戦役
揺れ動く幕藩体制
唐人お吉
維新への激動
幕末・維新と小説の世界—とくに司馬遼太郎を中心に—
御一新の明暗
戊辰戦争あれこれ
ひろがる自由民権運動
地方有志者の軌跡
大日本帝国の確立
行幸
大地震、噴火、飢饉
事件と幕政批判
事件と幕政批判
事件と幕政批判
一揆と打ちこわし
一揆と打ちこわし
一揆と打ちこわし
元禄時代と赤穂事件
関ヶ原の戦いと大坂冬・夏の陣
儒教
水戸学
国学と洋学
医学と薬学
教育
近代文化と国際交流
美術文化
工芸文化
武芸
食文化
住文化
民俗文化
宗教文化
都市情報文化
演劇文化
遊里
出版文化
庶民文芸
地方文化
農書
商業と金融
貿易
通信
交通と運輸
農業
林業
製塩

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る