「十二類絵巻」をめぐる諸問題
「十二類絵巻」の本文について
「鳥獣戯画」について
「死なざるが故に」
「庵室」と隠居の習俗
酒と女性
昔話の系譜 1〜17,
戒めの呪術
北海道回顧
柳川熊吉
平泉藤原氏
長者−昔話の系譜
恐山の開祖
旅情の津軽縦断
伊達騒動考
会津伝説賦
細谷十太夫
伊達正宗
出羽三山
天狗−昔話の系譜
哀史に埋れる信夫
鉢ノ木伝説
奇習と伝説
上泉伊勢守
彪物語
藩士社会の養子と階層移動-長門国清末藩の分析-
都市化する郡山上町-人口増加の内容-
統計分析を目的とした近世史料のデータベース化-入力・データ利用インターフェイス
19世紀中葉日本における海洋帝国構想の諸類型-創刊期「太陽」に関連して-
総合雑誌「太陽」と「女学雑誌」に見られる恋愛観-1895年〜1905年
「太陽」における金子筑水の<新理想主義>-ドイツ思想・文化受容と近代日本精神論
ムンダ民族誌ノート 3-稲作文化・畑作文化・複合生業論
神々の印象
類似性の科学と模倣の情報文化論序説
黥と渡来人
日本神話と弁証法的思考に関する一考察−老荘思想との関連を中心に−
農耕儀礼と動物の血 上−「播磨風土記」の記述とその引用をめぐって−
徳川時代の知識人と「世界」
俳諧の確率と「荘子」−日本詩歌古典重視の伝統の観点からの分析−
中里介山における仏教思想
「上海」試論
非占領者の屈辱−安岡章太郎「ハウス・ガード」・「ガラスの靴」をめぐって−
橋と川
河童−昔話の系譜
日本列島の古代貝文化試論
オオクニヌシからアメノヒボコへ
五山文筆僧中巌円月の世界
江戸時代の経済思想における市場原理の概念についての一考察
伝雲龍の日本研究の業績と特色-「遊歴日本図経」を中心に-
「交渉学」からみた日米交渉失敗の原因-木村論文を参照した一試論-
「山の音」の創作への再認識
<茅>について-その呪術的効用をめぐって-
日本における紀年認識の比較史的考察
明治末期日本人の中国人日本留学に対する認識
法隆寺金堂西の間阿弥陀三尊像についての考察
神話としての弓と禅
三段式神仙鏡とその相関問題についての研究-その日中文化交流史における位置づけを考える-
一中節から常磐津へ-語り物の音楽的変容と連続性-
太宰治「斜陽」論-かず子と「蛇」をめぐって-
「愛玩」生活能力を欠いた一家と回復への期待-安岡章太郎の「戦後」の始まり-
飢餓と栄養供給-19世紀中期東北地方の一農村-
身分の変化と家族構成・人口構造の変動-奈良県吉野郡十津川村風屋、1738-1859
朴歯の下駄
ムンダ語族比較言語学研究序論
古代王権論と文芸者の射程-磐余について-
徳川家康の源氏改正問題
初期擬洋風建築の天守閣刑状塔屋に関する一考察
龍谷大学大宮図書館所蔵 縮象儀-図・説および模型-について
桃の民俗誌-そのシンボリズム 1〜3
親鸞思想と解釈
大野説の問題点-文法的特徴に関して-
西田幾多郎「善の研究」を読む-生命主義哲学の形成-
古代歌謡の解説
森鴎外と中国文化-その漢詩から見て-
韓国開化期教科書における漢字語研究-「漢字語使用実態」の調査及び「日本語の関与に依る漢字語」の確定を中心に-
総合雑誌「太陽」の総合的研究 中間報告 3 序
「太陽」英文欄-英学者としての神田乃武を巡って-
「総合化された」雑誌におけるジェンダーの表象-「太陽」家庭欄
「太陽」における<朝鮮観>-ある奇妙な情熱について-
「太陽」文芸欄主筆期の高山樗牛-個人主義的国家主義から絶対主義的↓
比較言語学・遠隔系統論・多角比較-大野教授の反論を読んで-
大野晋氏のご批判に答えて-「日本語=タミル語同系説」の手法を考える-
洋上の対話-世界に向かう中日知識人の精神構造-
「浜松中納言物語」と「更科日記」の夢
「にほひ」にみる日本人の嗅覚
「捨身飼虎」の変容
日・中両民族の雷神思想の源流 2-神話史と宗教史の黎明-
国民国家の形成と「太陽」-海外情報欄をとおして-
「太陽」誌上における<農業>欄
日清・日露両戦役間の日本におけるドイツ思想・文化受容の一面-総合雑誌「太陽」掲載の樗牛・嘲風・鴎外の言説を中心に-
「タミル語=日本語同系説に対する批判」を検証する
華族論
新「日本文化」論-序説-
東西の神話にみる森のこころ
鈴木春信の見立絵の構造-「今様妻鑑」の絵解き-
毬子-「野ざらし紀行」から-
露伴初期
漱石の実験工房-「永日小品」一篇の読みの試み-
交渉の構造と過程-交渉研究序説 2-
優生保護法改正をめぐる生命倫理

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る