風景には屍体が埋まっているか
橋本関雪の世界
関雪の人と画業
関雪画伯の印癖
父 関雪のこと
序 華岳,大正10年−12年
蓬春芸術への一考察
山口先生の思い出
山口先生の思い出
酒徒懺悔
山口蓬春先生を偲んで
蓬春の思い出
鉄斎の画業
夢二の時代
竹久夢二
宵待草に寄せて
夢二の切りぬき帳
人形づくり
メディアの詩人
近代日本画における風景画の成立
近代の京都画壇
“写実主義の軌跡”短見
東洋から西洋への転回−観念的な世界から造形的世界へ−
近代の美人画
文鳥
大観の勅題画
横山大観の勅題画シリーズを中心として
富岡鉄斎に思う
鉄斎の芸術
世紀の浄業ここに成る
展覧会に際して
川原慶賀について
フォン・シーボルトとそのコレクション
長崎出島阿蘭陀商館のこと
裸体の美人・・・ああ高尚−近代裸体画受難のあと
龍神について
平山郁夫シルクロード展に寄せて
平山さんのこと
平山郁夫さんの画の世界
シルクロード随想
中国の旅より
伊東深水先生のお言葉
スケッチにかけた情熱
遊亀女史の芸術
栖鳳先生のおもいで
屏風絵の歴史
ボストン美術館東洋部のコレクション
千歳に誇る聖画完成
唐招提寺障壁画の交響楽的構成について
「瑞光」の前に立ちて
松園名作展に寄せて
気韻生動
自然に親しむ
日本画とモデル
喜寿の感想
反歌
自画像
開場芸術への主張
伝統
小虎芸術への回想
小虎先生を慕う
暖かな人間愛
清らかな画業
現代の水墨画
川崎小虎の芸術
作家のことば
思い出
絵を描く心
東山魁夷の人と芸術
日本画の肖像とその展開
平山郁夫の絵画−東西シルクロードと中国シリーズ
中国を旅して
ラサの旅−チベット紀行
私たちの中国旅行
中国の旅
近代日本画の巨匠達と父
近代日本画の誕生
近代日本画の誕生
同行二人の境地で
前田青邨の芸術
鳴海仙吉の詩
青邨画伯の芸術
鏑木清方展に寄せて
鏑木清方の芸術
雪の下 鏑木邸
自作を語る
鏑木清方先生
風景と芸術
日本画に現れた山
美人画礼賛
美人画論
浮世絵肉筆の流派について
美人画というもの・序説
国粋美・浮世絵肉筆を譲ろう
文化勲章の画家
大観・玉堂・英作先生のこと
竹内栖鳳の芸術
栖鳳の画境
福田平八郎の芸術
三代の芸業−日本画の名門にみる−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る