非暴力とガンジー、仏陀、親鸞の思想
障がい者福祉の軌跡
明治中期の防貧論について
菩薩のジェンダー−菅原道真の願文と女人成仏−
仏教説話の原風景
華光と関帝
台南道教のショウ事文検
台湾北部紅頭道士の補運
行像再考−中央アジア伝来の乾湿像を論じ興福寺阿修羅像に説きおよぶ−
THE SIX TEACHERS OF BODHYA
光背に表現される化仏に関する試論
曇無識の菩薩戒−「菩薩地持経」の受戒作法を中心に−
慧遠の大乗義章における起信論思想−論文改変の事実をめぐって−
善導二人説の再検証
国忌法会を通じて見た唐代の仏教政策
初期の禅宗における経典注釈−「金剛蔵菩薩注」に関する研究の整理
杜鴻漸撰述「金剛智三蔵和尚記」の逸文について
道氤の思想的位相
大洪守遂の「仏祖三経註」の成立をめぐって
思渓版蔵経に見える欠筆と刻工−六十華厳を中心にして
タンマユット派の確立−教団内部の諸活動を中心に
ケイ惑星の歌−「聖徳太子伝暦」九歳条をめぐる言説の背景と展開
台密諸流の形成
最古の王守仁の伝記「王陽明先生図譜」について
カク敬の詩経観−「志・辞・声」をめぐって−
情の思想−明清文人の世界観−
お十夜の寺 品川願行寺
浅見絅斎の伊藤仁斎批判−「語孟字義弁批」を中心に
浅見絅斎の伊藤仁斎批判−「語孟字義弁批」を中心に−
祀られる仙人−「列仙図」をめぐって−
厳君平信仰の伝播と広がり
張脩と五斗米道
道教の斎法儀礼の原型の形成−指数斎法の成立と構造
「三百六十契令」考
道教法服考
「玄珠録」の思想
太清・太一と桃源・王母−杜甫と道教に関する俯瞰
黄ロク斎における道士と斎主−「无上黄ロク大斎立成儀」を例として
元・明時代の全真教と正一教−「明代道教史上の全真と正一」の再考として−
清朝全真教の伝戒と呂祖扶乱信仰−天仙戒現行本の成立をめぐって
中世光明真言信仰の勃興と浄土教
ジャイナ遊行者の衣・食・住−マハーヴィーラを中心にして−
チャクラの崇拝−NSAL.119cd-188和訳−
クマーリラのスポータ批判−「シュローカ・ヴァールティカ」「スポータ・ヴァーダ」章の和訳(3)−
AVARANA IN YAOGACARA−A DISCUSSION ON MADHYANTA−VIDHAGA CHAPTER TWO−
THE JAINA DOCTRINE OF SYADVADA
CHILDBIRTH AND THE MOTHER’S BODY IN THE ABHIDHARMAKOSABHASYA AND RELATED TEXT
SAMANTABHADRA’S CRITICISM ON THE BUDDHIST NOTION OF OMNISCIENCE
SASADHARA’S THIRD CONCLUSIVE DEFINITION OF INVARIABLE CONCOMITAN CE(VYAPPTI)
望山楚簡「卜筮祭祈簡」の基礎的研究
「岩窟蔵鏡」所収「漁畋文規矩鏡」新考
鄒衍学術考−律暦思想からのアプローチ
「孟子」「詩亡然後春秋作」の解釈に就いて
前漢武帝期に於ける泰山の明堂祭祀
偉書思想と礼楽
唐代凶礼の構造−「大唐開元礼」官僚喪葬儀礼を中心に−
本主について−朱子学まで−
王守仁と歌唱(歌詩)
九句因解釈に見られる法称の不定論証因説
「刹那滅論証」と直感主義論理−「刹那滅」の哲学的考察(1)−
瞑想の実践における分別知の意義−カマラシーラの場合−
プラジュニャーカラグプタにおける不二知
聖なるものへの眼差し
仏教論理学派における「内遍充」と「外遍充」−プラジュニャーカラグプタを中心に−
論拠一滴論註・所作因章の研究(2)−HETUBINDUTIKA和訳研究(pp153,15-160,12)
無常説の根底(序説)
「倶舎論 世品」本論・満増疏訳注(2)
「倶舎論」破我品におけるプドガラ説批判−プドガラの体と名称との依り所に関して−
「顕揚聖教論」「成現観品第八」における現観次第
「根本説一切有部」の登場
転依におけるASRAYAの語義
「中辺分別論疏」と「縁起経釈」
インドにおける大乗経典解釈の一伝承−GATHADVAYAVYAKHAYANA言語学和訳(承前)−
滅に関する経量部・有部・正量部の対論
「法滅」に関する戒めと救済
中観派における二諦説と考察(VICARA)
衆同分と普遍の類似性
新資料VADHULA−ANVAKHYANAの伝える「PURURAVASとURUVASI」物語
インドにおける自己論の構造
VASICAMDANA−KAPPA考
「入菩提行論」禅定章の構成について−現行本に加えられた詩の役割−
大乗経典に引用される阿?n仏信仰の役割
「十二門論」における因中有果論・無果論の否定 1,
パーリ語経典韻文中のMANDARAについて 1,
コスモスの形と“幾何マンダラ”
言語学のマンダラ的考察
「日葡辞書」に記された子どもの姿
マハーヴァストゥ・アヴァダーナに表題のみ見せる長爪経の周辺
無能勝明王・明妃の成立と展開
仏母マーヤーと聖母マリア−二つの聖胎に係わる霊性と自然−
ゴーリ(Goli)ジャータカ図
根本説一切有部に説く生と死−「無常経」を中心として−
アランヤの空間定義
バラモンの帰依と仏塔崇拝の功徳−「ディヴィヤ・アヴァダーナ」第6章和訳−
授記物語における浄心(PRASADA)
現代インドにおける仏教徒コミュニティ−ナーグプル市を事例として−
ダルマキールティの認識手段二種論・マノーラタナンディンの解説
TATTVASAMGRAHAXXVI3427-3429について−特にJATAKAMALAとの関連から−
真言教学に於ける仏身観
生活を閉塞させる「診断・治療」への疑問−「病者」や「心のケア」としではない若者へのよりそい方−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る