真木嶋昭光の地位形成についての基礎的考察
東寺宝菩提院三密蔵所蔵「潅頂道具用意事」 解説と原文
静岡県島田市智満寺本堂瓦葺期の年代について
江戸幕府開創以前の関東における天海の活動−常陸国不動院を中心に−
中世末期浄華院と金戒光明寺の本末争いについて
芝増上寺内寺院の開創から現今まで−特に戦後の変遷を中心に−
法然上人「観無量寿経釈」に説かれる「人中分陀利華」釈について−廬山寺蔵「選択集」との対比を通じて−
中世末期真言宗における法会執行と寺僧の活動−東寺における弘法大師御遠忌を事例に−
「見性成仏論」と「顕密問答鈔」の関係について
マチリパトナムの歴史と出土中国陶磁器片について
曇鸞「調気論」の注解者王劭と聖武天皇「雑集」中の王居士の関係
明太祖の叢林制度に関する一考察−明清仏教の基本性格をめぐって−
前漢諸侯王国の支那と内史−いわゆる「第一期」を中心として−
天野山金剛寺蔵「仏説八陽経」について
金剛寺本「仏説八陽経」翻刻
「群疑論」における弥陀弥勒相対論
春秋時代の国君即位−「春秋」の史料性−
道宣「続高僧伝」所収の善導伝について
南北朝時代、四川地域の仏教信仰−造像記の考察から−
終南山悟真寺考
後漢明帝期における仏教伝来説の諸相について
荻原・渡辺とローゼンベルク(続)
寇謙之についての一考察(2)−「山田氏再反論」の誤謬(2)
私は「エンジェル」ではない−蕭紅と蕭軍の文学的個性に関わる試論−
「所求・所帰・去行」私考−善導「観経疏」を中心に−
「釈浄土群疑論」に説かれる唯除五逆と造逆往生の問題について
人間の寂まり
「三獣渡河」の譬喩と智??の依用
李盛鐸旧蔵「照明菩薩経」解題・翻刻
THE NATURAL SURROUNDINGS OF THE BUDDHA’S LAST TRIP
県立金沢文庫蔵「往生裏書」解題・翻刻
日本における「金七十論」とその注釈書について
「照明菩薩経」と「妙好宝車経」について
SYNOPTIC PRESENTATION OF THE PUSA CHU TAI JING(PCJ)菩薩処胎経 THE BODHISATTVA WOMB SUTRA 1,2(CHAPTERS1-14,15-38)
倶舎論の帰敬頌の位置について
ATTANAM ADHIGACCHAを考える
日本伝来「賢愚経」の復元的研究
「大仏頂別行法」の基礎的研究
「釈摩訶衍論」巻第四 現代語試訳
「数論二十五諦記」について
「見性成仏論」の基本的性格に関する一考察
「根本説一切有部ヒツ芻習学略法」について
十住心批判に対する東密側の反論について
真福寺新出「仮名法語」に関する試論
「龍樹菩薩伝」の成立問題
新出の日本古写本系「護浄経」について
理念型としてのパターチャーラー説話とその資料論的意義
敦煌写本「御註金剛般若経宣演」の科段文献及びその作者
「根本説一切有部出家授近圓羯磨儀範(ヒツ芻習学略法附)」の翻訳者は誰なのか−その序文の分析
高麗初雕本「四分比丘尼羯磨」に関する詩論
『領解末代念仏授手印抄』をめぐる一考察−機辺の三心−
善導『勧経疏』所説の「定散二善」について
古刊『首楞厳義疏注経』私考
密教重興とその後−日本仏教と中国在家教団の八十年−
『日本霊異記』の語戯をめぐって−脱構築をめざして−
道場法師系説話の善悪応報
『日本霊異記』における狩猟と漁撈
『日本霊異記』と夢
「聞く所に従ひて口伝を選び・・・」−古代交通路の景戒の足跡−
『日本霊異記』の史料的価値
『日本霊異記』における東国関係説話−説話形成の一試論−
『日本霊異記』の「家」
今の時の深く智れる人−景戒の三教観をめぐって−
『日本霊異記』の大神高市麻呂説話をめぐって
『日本霊異記』と聖徳太子−日本古代における変革的意識の胎動−
遺言のかたち−小治田安万侶墓誌副板と『日本霊異記』−
秋篠僧正・善珠−その伝承をめぐって−
「妙法蓮華経」における「時」字解釈試論 1−「若不時出」の「時」の字義−
浄源の「仁王経疏」について
占筮者郭璞−ト筮者尚其占−
岡倉天心と道教(覚書)
霊宝法の錬度科儀に見える生死論について
真宗の社会倫理
『老子化胡経』の説かれた場所
北魏の法難と太武帝について
宋代以降の道士による『老子』注について
博山炉と香−蓬莱山との関わりから−
玉局観をめぐる社会と信仰
台湾南部の奠安土ショウについて
吉益東洞『医方古言』の文献学的研究−『古書医言』研究の一環として−
『内経』の「三部所傷」および「傷蔵」について
『難経集註』について
『黄帝蝦蟇経』について
内経医学に於けるダン中と三焦
道教における水の身体論
アメリカン・ポップ・カルチャーにおけるもう一つのタオイズム
『仏祖統紀』の校正者について−南宋末仏教界の動向−
江戸における法然上人への布教活動−二十五霊場と御忌を中心に−
子が描く母の肖像−『金楼子』后妃篇について−
石崇・王羲之・陶淵明の<詩序>の比較考察
ミラレパ伝の変遷
「フィクション」と「ノンフィクション」の交差−蕭紅「子捨て」を読む−
コウルリッジと中国
チョーサーの説話と『今昔物語集』の中国説話
「アデンまで」「白い人」から『深い河』へ−遠藤周作における「酉」と「東」−
モートゥパッリとクリシュナパトナムの刻文に見る中世南インドの海港での外国貿易
中華人民共和国『語文』に見る暗誦教育
唐・太宗皇帝の書風について
『将門記』の叙述と文飾
多文化社会のメンタルヘルス

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る