明治期の「幻燈」に関する研究
「シナ三人コントラバスもって」
UNDERSTANDING KUAN-YIN-SUTRA 観音経 ACCORDING TO T'IEN-T'AI DOCTRINE−CONTEMPLATION OF ALL THINGS AS MIND 観心 AND FAITH−
二つの「妙本」−『老子玄宗注』考−
『霊笈七籖』巻四「上清源統経目註序」管窺
仙女と仙媛−沈宋の文学と道教−
陳朴内丹説資料覚書
大疑団の果てに
「登山状」ノート 2
最重度障害者福祉の現状と課題
訳経における「訳」と「狄ゼ」
明清期における仏教神像の変容−四天王像を中心に−
唯識思想は観念論か?
ヒンドゥー教バーガヴァタ派における恥の一考察−バクティ信の一断面−
アジャーミラ物語−『バーガヴァタ・プラーナ』第六巻にみる称名−
チベット語訳『ビンビサーラ王迎仏経』について
竹中通庵『古今養性録』と貝原益軒『頤生輯要』『養生訓』
儒家の”勝利”と法家の”勝利”
明太祖の儒・仏・道三教政策の基調
李鏡池と現代の『周易』研究
「万物一体の仁」再考
神秘の山水−宗炳『画山水序』の思想−
敦煌写本「新集厳父教」について
『劉子』小考
呂不韋の評価と荻生徂徠のロマン主義について
ジョン・デューイの中国観をめぐって
王維の詩における音聲表現
敦煌出土「最妙勝定経」(旅順博物館蔵)
A FRAGMENT OF THE CATURAGAMOPADESA OF PARSVA?-SHT I.649−
北魏の廃仏と太武帝 1
三品の懺悔について
中国南朝における宮廷内仏教について
喪と忌の習俗
源氏物語と仏教−「夕顔」の巻における御獄信仰−
増上寺日鑑解題
台密栄朝流について−中世台密法流展開の一例−
聖光房弁長の菩提心について
学生僧先達育成の一考察
『末代念仏授手印』における五念門の位置付け
頼瑜の密教浄土教
中世の浄華院と金戒光明寺−特に霊宝類の変遷をめぐる諸問題−
聖冏教判成立考−随他扶宗の構成−
法然上人による「人中分陀利華」釈説示の意義−勝劣難易二義との関連をめぐって−
空海思想における四種法身と四種曼荼羅身について
近現代四国遍路と変化−遍路装束の変遷を通して−
SATAPATHABRAHMANA訳注(1.3.2−4)
『無量寿経』「一食之頃」(EKAPUROBHAKTENA)をめぐって
『法華経』方便品における法<DHARMA>について
二人のシャーキャムニ仏
「大衆部説出世部律・出家学処」写本について
「ADHISAMACARIKA」第2章(4〜7)試訳
唯識思想の比較思想的考察−比較の基準と方法論−
菩薩天子と如来天子
ON JAKUSHO
明治期浄土宗の韓国布教−三隅田持門の布教を通して−
「仏祖統紀」選述の場所−月波山慈悲普済寺と福泉山延寿王広福寺について−
「呪土経」と失訳陀羅尼経典について
弥陀弥勒両信仰について
天台智??における衆生論の展開−その五陰説をめぐって−
宿曜経と二十八宿について
如来蔵の思想
消費者視点の品質論
真宗と経済倫理
「人間宣言」から「門首制」まで
靖国神社の「脱宗教化」とは何か
なぜ他力なのか
私と歎異抄
「非常の言葉は常人の耳に入らず」
中世タミル商人ギルドの活動を記すコーヴィルパッティ刻文
三相と三自性
密教から見たランダの呪法
「文珠讃仏法身礼」の方円図について
王舎城と王たちの伝承
浄飯王の晩年 下−帰依と王権移譲−
ボロブドール建築の問題
初期大乗思想の基調と展開
「倶舎論」界品・根品和訳の検討
利他の理念と報因報果
梵文「入法界品」第23,24,25章(試訳)
インド東方キリスト教会の聖体儀礼
残影
『統抄』考−日蓮聖人遺文注釈史の一断面−
日遠の『十不二門文心解私抄』について
一音日暁の教学について−その現代的意義−
日蓮宗の仏界縁起論
日蓮と北条氏得宗−北条義時・泰時・時頼−
日朗門流 本門の三大事相承と三大秘法抄−日印上人行跡の再検討−
室町時代の京都楽家 豊原統秋の法華信仰
近世武家における寺院参詣行動−遠野南部家の身延山代参を中心に−
明治期における日蓮遺文註釈書編纂についての一考察
近代日蓮宗研究−鈴木修学にみる布教活動、社会事業、教育事業について−
昭和初期における日蓮主義団体(日蓮会−死なう団−)
三谷素啓の立場、牧口常三郎の立場−特に仏法と科学の係わりを通して−
近代日本における日蓮遺文受容に関する一考察−牧口常三郎の場合−
地域社会と日蓮主義運動−山梨県中巨摩郡鏡中条村における妹尾義郎の活動−
戦後日蓮宗の社会教化活動をめぐって
仏教と非戦
雪夜爐談
日蓮聖人と天台三大部−『法華玄義』の引用について−
日蓮大聖人の大漫荼羅 1

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る