三願欲生論 下-「真宗百論題」の研究-
親鸞聖人の「乃至十念」論
親鸞聖人の本願観
妙好人俳諧寺一茶と浄土真宗
曇鸞と仙経
親鸞の「往生論註」からの開顕-他力義と約仏の訓点-
「教行信証」における字音がな
道元と空思想
「悲華経」から「釈迦如来五百大願経」へ
中世の法相教学の研究-「若有無漏」の展開-
「実相真如」と「通相真如」
論義「許現起識」に対する光胤の理解について
法然の菩提心説-その形成を中心として-
THE COGNITION OF BUDDHISM 1-AS FOR E.I.vs.唯識-
SELF AND OTHER IN THE YOGACARA TRADITION <英文>
教材としての仏教文学-「方丈記」の位置付けをめぐって
阿波国板野町犬伏出土瓦経片の復原研究-「妙法蓮華経」巻第7について
入唐徳清大徳考ノート-奈良朝仏教における日中交流の一齣-
新資料・善謙「唱導手控」考
「日本霊異記」の行基関連説話について-とくに女性参加の問題点-
「表白・自謙句・番句」
護法小策-文久3-
西田天香の思想形成に関する一考察-「血書事件」を中心として
今後の社会福祉と共生の思想
企業・経営の倫理的基礎-試論- 経営文化論の一環として
THE QUIET AMERICAN再考
願力廻向の世界-住相廻向と還相廻向-
大乗仏教とは何か
和辻哲郎の原始仏教論
日本仏教における追善思想の受容について
罪業意識の日本的展開
藤原惺窩の禅と朱子学
道元における本覚思想批判と修証構造の一視点-袴谷氏の「本覚思想批↓
日本唯識と西明寺円測
東密印信の研究 2-「偈頌」と「一紙偈」-
新羅唯識思想研究-種姓論を中心として-
杭州・飛来峰石仏群の研究史について
「安楽寺略縁起」に関する二、三の問題-住蓮房の身代わり説と「松虫鈴↓
智光の浄土観
日本唯識における論議「一法中道」の展開-良算草「一法中道事」の検討-
護法総論-明治2-
絵画聊斎志異
日本唯識の特徴-仲算と良算における体と用の視点の重視から-
東大寺図書館所蔵「南山宗論義」戒法体之事
凝然の華厳教学形式に関する研究 1-特に立祖説について-
臓器移植法と脳死問題
室町時代の武家八講論議
行観「選択集私記」の形成と展開
アビダルマの思想
護法堂免反古-明治2-
廻瀾始末-明治23-
日本唯識の特色と展望
信心によるさとり-勝鬘経の目指すもの-
韓民族の伝統思想における儒教と仏教
日蓮聖人の教化法と宗教批判
仏伝における五比丘
仏教の生命観-生命の尊厳性をめぐって-
韓・日文化構造の仏教的基盤とその相違点の理解
六世紀中葉のわが国と百済の国際関係-仏教受容をめぐる一考察-
仏教における報恩思想
「延命地蔵経」の成立-その思想背景をめぐって-
「真実」考-「瑜伽師地論」を中心に-
韓国教育史における仏教の非形式的教育機能
浄土教における四修 1
経覚・蓮如論考-奈良と京都の文化的交流を一視点として-
三峰信仰に見る神仏習合-十一面観音曼荼羅をめぐって-
「倶舎論明眼鈔」破我品の研究
唯識三類境義における末那式所縁の問題
鎌倉仏教と慈善救済
「宗」のゆくえ-覚憲・明恵・凝然の歴史意識-
安居院聖覚の言説をめぐる
栄西における兼修禅の性格
天照大神の変貌-「日本国主天照大神」観の形成-
女人往生における二つの論理
大和国の宗教地図-笠置山地・吉野と奈良盆地の関わりを中心に-
中世前期の茨城県北部における浄土教的世界
中世天台僧の学習-青春の日蓮と重ね合わせて-
日蓮誕生論-鎌倉新仏教における人権思想の萌芽-
日蓮撰「注法華経」の一考察
「法華取要抄」の成立
中世日本仏教に見る女人救済の諸相-日蓮を中心にして-
増補 天山ウイグル王の肖像をめぐって
教団論のための教学論
一条家伝「心眼流」剣術伝書の一考察
安心録
護法建策-明治1-
内外二憂録-慶応3-
諭童弁 上中下-慶応2-
正法華経読解覚え書 1,
グプタ期仏教史研究覚え書-スカンダグプタの周辺
神通力の思想
中国における浄土信仰と道家神仙説
東西文化伝播と中国史上の西方極楽浄土論
道宣の禅観思想
日蓮遺文「録外御書」の書誌学的考察
「某殿御返事」(折紙)の位置とその伝来-新発見の日蓮真蹟書状をめぐって-
日蓮遺文「諌暁八幡抄」の曽存真蹟
明治期における日蓮遺文集編纂の一考察
法華円教と一念三千
執権北条氏と「立正安国論」

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る