近江国における草場(革場)の一考察−西尾家文書を中心にして−
近世大和の部落と真宗−信仰の状況と差別の諸相−
女性妙好人たち
資料紹介:穢寺帳
岩見浜田鏡山「善那先生頌徳碑」考
一如会の設立をめぐって
折口信夫の大嘗祭論と登極令
婦人融和運動に関する一考察
戦時下の教学と融和運動−西本願寺教団の場合−
近世本願寺の本末制と触頭制−大和国を中心として−
近世後期西本願寺教団における部落寺院について
近世播磨国真宗教団史の一齣
新資料『唱導師手控』考
広島県下における融和運動について
西本願寺の婦人融和事業
仲尾俊博先生略歴及び著作目録
天台僧 堅慧
仏塔・ボサツ・大乗仏教
『阿弥陀経』における菩薩観
龍樹の政治論
ダルモーッタラ著『正理一滴論註』
『金剛潅頂タントラ』の四仏・八大菩薩説
第十八願における平等性の原理について
第二十二願論
成覚坊幸西の一念義
初期真宗の展開
蓮如上人の東国修行
教団と教学−親鸞の信と本願寺教団の信−
顕戒論をめぐって
説話文学の慈覚大師
光定の事蹟
真言密教の凝縮としての阿字観(1)教義
平安時代の異常気象・飢饉と祈雨儀礼について
人生の苦
『愚見抄』所引「三五記」の再検討
真如所縁縁種子について
ラフカディオ・ハーンの内に仏教的感性を育んだ日本の伝統
千葉乗隆博士略譜並著作目録
蓮如のイコノクラスム
飛鳥寺創建以前
戒師招請の発議と元興寺隆尊
大野寺の土塔復原
華餝と澹泊と−平安時代初期における天皇と死−
桓武朝における郊天祭祀に関する歴史地理学的考察
弘法大師伝と万濃池・綜芸種智院
千日講の基礎的考察
大般若経と勧進
親鸞と「いなかの人びと」
日本の中世社会と親鸞の思想
本願寺教団文書の研究
戦国期の本願寺と天満宮−真宗の天神信仰観−
加賀藩の宗門改めについて
薩摩藩の封建支配体制の特異性
江戸時代中期村落内の神社と神宮寺の関係
播磨国龍野藩における近世一寺院の動向
浄土真宗琉球伝播に関する様相
地獄について
高範撰『成唯識論訓読記』と『成唯識論口伝鈔』の研究
日本唯識における真如説について
凝然の華厳教学の背景
懺悔法儀の発願意図
行観の『選択集私記』における念仏往生思想の一考察
本願寺学林の成立と能化の資格
「御上・御うへ」等の考察−中世本願寺の場合−
新資料・履善記『覚如上人四百忌唱道笏』考
室町時代における仏教救済事業の諸形態
水泥古墳の蓮華文
『元興寺縁起』に見る戒律修学の伝承について
「おくの細道」の起源と性格に関する一考察
中世の開発と寺院−泉州における中世寺院の成立と展開序説−
JS1.1.4の意趣と各語の意味
上代日本文学に投影した仏教
慈賢聞書本『和讃出葉』解説・翻刻
聖護院蔵後柏原院宸翰短冊について
西行詠「よしや君・・・・」をめぐって
「閏月」の詩−年代推定と周辺の問題−
藤原俊成の本歌取と傍題意識について
実材母の観無量寿経歌をめぐって
実雄家十首歌会に関する基礎的考察
一条天皇漢詩考
Prajnaparamita-hrdaya-sadhana と Prajnaparamita-sadhana
TARKARAHASYA研究
ツォンカパの「入中論」注釈における二諦をめぐる論議
法華経「陀羅尼品」の梵本について
廻施と呪願
瑜伽行派の仏道大系の基軸をめぐって 2
Vinayasutravrtti of Gunaprabha-Parajikam 2
北畠典生教授略歴及び著作目録
『観念発心肝要集』における唯識観の特色
東大寺所蔵『法勝寺御八講問答記』の考察
正信念仏偈考
天台法華宗を求めて
真俗二諦考−真宗教学の現状と課題−
修験道における「柱源供養法」の思想基盤について
日本の母
親鸞における「本願」の用語例
宗性撰『倶舎論本義抄』の研究
鎌倉仏教に与えた宋代仏教の思想的背景
一乗・三乗論争における三論宗の位置
真宗における方便の意義

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る