道元禅の体系
中世京都日蓮教団の機構
仏道の体系と瑜伽の階梯−〈菩提心修習〉に関連して−
アティシャにおける仏道の体系
現代スリランカ仏教徒の仏教受容体系
古ウパニシャッドにおける実践の問題
大乗菩薩道への視点
現代スリランカの仏道と戒律
ツォンカパにおける仏道体系
ダルマキールティにおける仏道
種子の本有と新熏の問題について
瑜伽行派の仏道体系の基軸をめぐって 1
『アビダルマディーパ』における仏道の体系
初期仏教における業の消滅
仏道体系の反省と創造
花すすき
無量寿経類における仏道の体系
初期仏教における「念仏」の体系について
如来蔵=アーラヤ識説の成立根拠
宗密における仏道の〈体系化〉
天台学の教観の体系化について
五大院安然における台密の体系
最澄における仏道の体系−天台智??と比較して−
道綽の聖浄二門判の基礎
法然浄土教の実践体系とその内実
親鸞における仏道の体系−教判論の基底について−
仏陀とは
仏となることとは
如来と菩薩
H.P.シャーストリーと日本
オーストラリア仏教の歴史と現況
自己実現の働きとしての“初転法輪”
チベット文語における自己使役法
ジャイナ認識論の特質
シュプハグプタ『外界成就偈』第59−60偈
法称著『プラマーナ・ヴィニシュチャヤ』第1章現量(知覚)論の和訳
Vrka−pada
ネパール本“Maitreyavyakarana”
法華経化城喩品の梵本について 2
「般若経」における諸天について
アリヤヴァンサとアリヤヴァンサ・カター
アヴァチャ王家の系図
近代英詩選
DASARUPAKA及びAVALOKA注におけるSANTARASA論
ヤームナ伝の研究 1
『ヴァイシェーシカ・スートラ』第2−1章の推論説
ムリティウ・サヴァラージャ・アビシェーカ
家長期
『スッタニパータ』における業論 上
原始仏教における涅槃観の問題
梵文『雑阿含経』仏所説品外道相応 1
アンダカ派の形成と展開 その3
親鸞の仏道体系−如来の誓願と「行信」−
勝論学派の〈paka−ja〉説
概念とその対象
クマーリラの推論
現代論理学から見たvyaptiの概念
月称註『明らかな言葉』二章和訳・解説 2
中論ブッダパーリタ釈第18章和訳
『宝積経論』と『瑜伽論摂決択分』
法の聴聞と思惟
アーラヤ識不要論
知覚判断・疑似知覚・世俗知
pujaについて
法門寺出土仏指舎利考
支謙の空思想理解
『摩訶止観』と六妙門
智儼の浄土思想
指方立相論と唯心浄土論の典拠
唐代禅宗における仏殿の問題
最澄『守護国界章』の教判論をめぐって
空海の軌跡の律令的解釈
興教大師覚鑁の仏教学
法然における時機相応の一考察
願生の仏道−親鸞の二種回向論−
近代仏教における知識と信仰
専修念仏の継承と発展−「第十八願加減の文」を中心に
インドにおける伝承医療の復興と可能性−宗教組織の村落における活動を事例に−
現代に生きる臨済禅
「カーランダ・ヴェーハスートラ」の翻訳研究 1,
「ハンサ・ドゥータ」解題
「ハンサ鳥に託して」-「ハンサ・ドゥータ」共同和訳
ペトブリー地区ワット・ラット寺院所蔵アユタヤー期折本紙写本試訳
自我概念の転回による現代社会の再構築
INDIA AND JAPAN:A CROSS DIALOGUE
A HISTORY OF EARTLY VEDANTA PHILOSOPHY 2
盗戒と原罪としての盗
自殺考
インド仏教における平等と差別
〈曇無讖訳大集経〉総説 1
『般舟三昧経』をめぐって
清涼山志 8巻
法華経菩薩思想の現実的姿勢
逆路伽耶陀
漢訳〈無量寿経〉の新異本断片
藤田宏達博士略歴・著作目録
大乗の菩薩としてのナーガルジュナ
『十住毘婆沙論』における菩薩思想成立の背景
ウッダーラカ哲学研究序説
ウパニシャッドにおける時間の問題について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る