華厳経旨帰見聞集
心要纂釈
華厳還源観纂釈
善財童子華厳縁起
解脱門義聴集記
聖教目録什蔵遺書−鎌倉松谷寺教学と亡僧手沢経論−
舎利相伝縁起−鎌倉を中心とした舎利信仰−
四分律行事鈔見聞集−湛睿の戒律関係資料−
三願回転の史料批判−二葉憲香氏の反論に答える−
親鸞伝研究の基点
「親鸞夢記」の成立
寧波と天童寺
一言芳談のなかの「助け給え阿弥陀仏」について
親鸞絵伝の成立と荒木門徒
中世東寺の湯結番について
梅原本龍寺蔵実悟書状について
『反古裏書』−一門一家衆制の記事を中心にして−
石山合戦期の湖西一向一揆
近世大津四宮社の曳山祭礼
富田光照寺をめぐる諸問題
山門領近江坂本の三人組制度
融通念仏宗の成立過程
『農民鑑』の真宗的農民倫理と支配思想
『近世往生伝』とその性格
善成と『妙好人伝』に関する考察
東寺塔頭と金勝院の存在について
近世中・後期の東本願寺の経済
薩摩藩甑島における真宗の展開
南九州に於ける能化派
沖縄における真宗展開の諸問題
室生寺と称名寺釼阿
弘法大師空海における光明と表現
最澄と高雄法会
遮那業の成立
台密と弘法大師
説話のなかの不動信仰
六勝寺への天台・真言の進出について
興教大師覚鑁の曼荼羅観
西行の和歌観と密教
十住心教判に対する後代の論争
真言教学における教主義の一考察
護持院隆光の祈祷観
近世初期真言宗新義派と知足院光誉
四国遍路における死と再生のイメージ
自誓受戒の意義
大伴狭手彦の伝承と仏教
『旧事本紀』物部氏系譜について
聖徳太子片岡山飢者説話の基底
律令体制下における民衆教化思想の展開
徳島県犬伏旧釈迦堂出土瓦経片の復原研究
平安時代に於ける仏教文化の「節理」への接近
二十五三昧会における念仏とその意義
いわゆる「国衙の寺」について
お経とは
ラーマーヌジャの仏教批判 2
アショーカ王研究
古代インド説話の構造論的理解
Tirthaについて
封建倫理と排仏論
ダルマ王の破仏とその殺害者
Atisaその世界−戒律を中心として−
『無量寿経』の訳者問題補説
真諦三蔵の思想
嘉祥大師吉蔵の不二論
義浄の戒律観
密教の経軌における五悔
『大日経義釈』にみる観行
漢訳密教経典の阿卑羅吽欠
漢訳経軌より見た金剛界三十七尊成立考
『大報父母恩重経』の先在経典
敦煌本『法華経義疏開題并玄義十門』
『華厳経合論簡要』について
東南アジアの密教儀礼
密教と本覚思想
真言について
空海教学における『理趣経』の意義
弘法大師空海における仏陀観
弘法大師の弟子教育
一切智思想の展開
仏教論理学入門
ラトナーカラシャーンティの転依論
餓鬼観変遷の一過程とその意味
『大日経』住心品における大乗的なものと密教的なもの
『大日経』における法身
『初会金剛頂経』所説の教主について
密教に於ける真理の領域
仏智足の我観
HARITI考
四金剛女と四明妃
最外院の成立
密教における部族の展開
『Tantratrhavatara』の引用経軌をめぐって
『理趣経』降三世教令輪品の研究
『略出経』と『Vajrodaya』−供養会について−
九曜とその図像
随求菩薩の展開
ヴァイシェーシカ哲学における「普遍」と「特殊」
Vyanjanaの分類
不二一元論派の知覚論 1
『摂真実論』外境批判章訳註 1

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る