「体・相・用」三大説の意義とその思想的背景
性具と性起
新羅元暁の唯識思想
冤と怨と冤家法
「祭」の意義−古代中国の積極的儀礼−
司馬遷の伝記に関する二、三の問題
天台大師と聖徳太子
三経義疏撰述の問題をめぐって
渡辺海旭の浄土教理解
真雅僧正の受法について
玉依御前論考
G・パラマスの光明についての管見
運命と業−その比較哲学的考察−
法宝の法の意味
曇曠の修道論とその展開
智??の禅定思想の構造と形成
『摩訶止観』の読み方
四悉檀義と教相論−天台三大部について−
天台止観における因縁観
三観の実修
摩訶止観英訳の初歩
天台小止観の仏訳について
新羅における占察懺悔戒法の実践
韓国仏教に於ける念仏と禅
元暁の止観
韓国李朝時代清虚大師の禅教観
伝教大師における一乗三学
弘法大師における仏教実践修道の原理
弘法大師の三摩地観
『守護国界章』における止観
五大院安然尊者の修道論
法然上人における称名念仏と諸行
金剛界曼荼羅供に於ける《清浄》
修験道における実践修道の原理
円戒と四安楽行
日本天台における止観超克思潮の展開
伊藤真城教授略歴
伊藤真城教授著作目録
田中順照教授略歴
田中順照教授著作目録
加藤弘之と仏教
明治仏教の一側面
近代天皇制下における政教論の構造
三宅雪嶺と井上円了
西光万吉の転向について
日本ファシズム下の仏教
反宗教運動
日本仏教史
聖徳太子
最澄
空海
源信
法然
親鸞
道元禅師
日蓮
日親
蓮如
妙好人伝
清沢満之
本覚思想における実践の原理
仏教の実践原理
般若経の修行者とその行
瑜伽論における神通行
勝論学派の瑜伽観
五停心観と五門禅
初期密教の修道論−菩提心展開の基調−
止観の密教化−『修習次第』における−
チベット仏教ニンマ派修習
カマラシーラにおける大悲観 2
大乗止観法門の根本的立場・序説
初期禅宗の修道論
島地黙雷−日本仏教思想史における地位−
清沢満之の青年時代−思想形成課程の諸問題−
渡辺海旭における国家と仏教
日露戦争下の「新仏教」徒
大正時代の宗教的位相と本願寺教団の動向
妹尾義郎について−戦後の活動を中心に−
国家神道解体後の「神社問題」
卑弥呼と神功皇后
古代南山城の仏教受容形態−平川廃寺を中心として−
崇神紀を中心とした三輪伝承の構成
律令国家における神仏習合思想の形成
最澄における国家権力の問題
横川仏教の研究−同朋教団の成立とその展開−
横川と二十五三昧会−念仏結社運動とその立場−
空也浄土教について−千観との共通性を通じて−
親鸞の思想形成について−民族宗教からの自立−
親鸞と蓮如の宗教状況について−神祇観を中心として−
沖縄における古代国家の成立と宗教
近世本願寺教団における民俗宗教観の諸相
中江藤樹における「神道」
維新期の真宗−瑕丘宗興を中心に−
真宗教団近代化の動向−布教権の回復と末寺平等化指向−
国家神道確立の一側面
部派仏教の教団《教団と資料》
異色な部派教団
部派仏教の思想的特色
大乗仏教への移行と根本中《総括》
部派仏教から大乗仏教へ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る