金沢文庫の魚山片鱗
高野山修正会考
高祖一千五十年御忌管見
聖徳太子の国土観
聖徳太子の先身と後身
心と煩悩−とくに如来蔵思想の面から−
訳経史研究の方法と課題
インドの解脱思想
僧分教誡三罪録
道宣の受具法−律蔵受戒法の解説−
沙弥出家と行法
沙弥の律典
律部の奉行
三宝の成立とその意味
凝然大徳と戒律
真諦訳諸論書における阿黎耶識説について
滅罪に関する研究ノート
中国の仏教受容期における戒律の普及状況
菩薩戒について
戒体論
戒壇について
初期仏教文献による古代インドの経済事情
縁起観と現代社会
現代における物と心の問題
仏陀時代と現代
日本仏教についての理解と誤解
無からの解放
中道思想の現代的意味
現代に問いかける仏教的価値観
仏教の慈悲と現代倫理
密教の世界観
空思想と現代
白隠
インド・パーラ時代の細密画について
大般泥オン経と大般涅槃経との比較研究
般若経の読解
<Dharmkaya>の語義とその変遷
「金剛般若経」伝承の一形式
般若経と私 −ある回想−
華厳経の思想史的意義
華厳経における人間超克の道
法華経の再発堀
仏伝文学の成立
マハヤナ・ユイスマンス・ワイルド
古代インド仏教の宗教的表層と基層
本縁部関係経典の研究史
転女成男の思想
梵文「八千頌般若経」のパーラ朝期の写本について
精神主義的経典研究の方法論序説
浄土経典と如来蔵思想
中国仏教史と疑経
虚空蔵菩薩の戒律
地蔵研究とその経典
チベット訳『月蔵請問経』について
浄土諸師著作中の引用書
敦煌の禅籍と矢吹慶輝
入楞伽経研究ノート
親鸞聖人に於ける仏道の体系
天台止観に見られる神秘思想
唐代における禅と密教との交渉
浄土教と神秘主義
法華経に見られる神秘の一考察
法然の念仏三昧について
台密葉上流祖栄西の禅密観
日蓮の弘法大師観
鈴木大拙と神秘思想
ヨーガ行法における神秘体験
入我我入観の構造
見仏と往生
『タットヴァサングラハ』におけるサンスカーラ批判について
観とテオリア
キリシタン俗書の神秘
無上瑜伽密教の神秘思想
『国訳一切経』の復刊にあたって
発願に燃えた人
戦後の阿含研究と今後
仏教興起時代の諸思想
仏伝の素材と構成−小乗涅槃経に関連して−
阿含に関するサンスクリット資料について
日本の密教学と密教学者
インド哲学と密教−真言を中心として−
法の批判的分析と菩薩の観法
実相と正法−吉蔵における法の観念と体系−
圭峯宗密の法界観
西蔵大蔵経甘珠目録
法と仏の問題−仏身論を中心として−
法身説法と無情説法
最澄における国界守護の根拠
空海の思想体系−『十住心論』を中心として−
親鸞のダルマ観
日蓮における教法尊重の学風
tapas,dharma,punta.
ヴェーダーンタ哲学におけるダルマ
祭祀の規定としてのダルマと社会規範としてのダルマ
ミーマーンサー・スートラにおけるダルマについて
『タットヴァサングラハ』のサーンキヤ説
タゴールのDHARMA観をめぐって
rin lugs rBa dpal dbyans-bSam 宗論をめぐる一問題
仏道より見た神秘主義説
神秘性に関する新約聖書と原始経典

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る