ナーガルジュナと神秘思想
チベット宗論における禅とカマラシーラの争点
禅と神秘
南頓北漸と神秘思想
シャンカラのサーンキャ説およびヨーガ説論難
シャーンディルヤ・ウパニシャット和訳 2,
宗教における体験の意味
ハイデガー哲学と仏教
ギリシャ的安心法と人間性賛歌とその治療的意味
朱子と風水思想
老子化胡経の原初形態について
近代和讃についての小考−伊佐辨盈の和讃−
平川彰博士略歴
平川彰博士著作目録
原始仏教における法の意味
仏教における法の根源態
仏教真理観の外相と内相
古代インド仏教における「仏法」と「世法」の関係について
浄土経典における法の用例
『中論』における法 上
自己と法−『宝行王正論』における二種の法−
法身の一元論−如来蔵思想の法観念−
唯識と法性
法を知る人は存在するか
世界の傑作,日本神話
シャンカラの宇宙論について
一切仏平等瑜伽タントラの一考察
金剛頂経における真実について
四無礙解について−弁無礙解の検討−
梶芳光運博士略歴・主要著作目録
迦チ那羯磨の意味について
教相と教理
弘法大師における経典解釈の根拠
弘法大師教学と「釈摩訶衍論」 1,2
弘法大師と伝法潅頂−特に真雅僧正への付法について−
智山教学における諸問題
民間における祖師信仰の基盤
密教文学よりみたる西行
近代真言布教教学史
維摩経撮要
最澄とその門流の教育
浄土教の思想史的把握と思想構造
一遍の念仏における時
無我と主体性
浄仏国土思想について
インド仏教における国王観の一断面
三彝訓
妙好人伝
宗義制法論
妙正物語
千代見草
近世の排仏思想
護法思想と庶民教化
不受不施思想の分析
近世仏教の特色
現代とエゴイズム
仏教の復権
宗教未来論
現代日本の宗教的状況
現代日本の宗教的状況
日本人と信仰
仏教の人間観
都市社会における地名変更問題について
士道論の成立とその展開について
「リア王」の世界
ドイツ語訳(レクラム版)「仏陀の説法」について
MIMAMSAの論究法
善行
『大乗起信論』における法と義
現代寺院と現世利益
現代生活と現世利益
宗教と医療
信仰治療の意味
子の來歴
近代における日蓮主義と政治
明治仏教の社会事業思想−産業革命期を中心に−
オーロビンドの社会・政治思想
転輪聖王
仏教と若干の政治思想
近代仏教における社会道徳観
将軍綱吉と護持院隆光
日本曹洞教団と政治及び経済
道元禅師における国家と宗教
蓮如とカルヴァン-経済倫理をめぐる真宗とプロテスタンティズムとの比較論に関連して-
親鸞における国家批判−承元の法難と「大無量寿経」五悪段を照応して−
浄土教的経済理念
桓武政権と天台業
伝業大師の護国思想について
明の成祖と仏教−為政者としての一面について
唐代禅宗の経済基盤
隋の文帝の宗教政策について
中国仏教者の国家意識と涅槃経
東アジア仏教圏の形成
中国における国家と仏教
密教の国家観の変遷
生死ということ
古代民衆の現世利益観
古代民衆仏教の現世利益
平安仏教と現世利益
インド −今と昔−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る