南蛮又九郎
竹田八代
孫四郎の三人掛かり
南京糸操
出遣いの人形体制
細棹による人形芝居
歌舞伎に加わった機械力
人形の髪
人形名目の扱い方
人形芝居の開演に要する品目
片手人形
指人形
野呂間人形
淡路の人形座
鳶翁瑣談
甘茶でCouple
カッポレと四班舞踏(カドリール)
大黒舞の本跡
かんかん踊
流行唄の伏せ字
宋元詩と瞽女節
野毛の山から
異人嫌いな喜遊
噂の二人
八王子市外機織唄
流行の詩吟
難波里三
阿呆陀羅経
チョボクレ
喇叭ぶし
えじゃないかえじゃないか
チョンキナ
田歌に残る馬上政治の俤
仮宅の流行歌
惺窩の学問を疑ふ
二十六七歳の熊沢蕃山
四十歳前後の素行
新井白石の罪案
徂徠学の蔓衍
吉川惟足から従方まで
水戸学の淵源
会津学と水戸学
黄檗仕入の竜尚舎
藤森天山の痛言
明鳥夢泡雪
勘弥の忠直卿
『法難』見物
お江戸日本橋
帝劇の舞台装置研究
井伊大老の愛妾
きられ与三
男達のさまざま
円朝の怪談ぶり
江戸歌舞伎の春狂言
芝居の鼠
鯉つかみ
病的な真世話物
近世式幽霊の系統
幽霊の足はいつ頃からなくなったか
劇中の人物
セリフ泛説
役者の俳名
柿三升
助六廓家桜
猿子橋少女報讐
娘盛麑城譚
巡礼二代女
八百屋お七
安宅丸
政岡のモデルになった女
歌舞伎座の『羽衣』
『三度笠』の写実味
十一月興行の維新物三種
溺れた椀久
名妓夕霧と孝子与次郎
三人吉三注文帳 歌舞伎座見物
『井伊大老の死』の舞台面
改造の『小猿七之助』
新黙阿弥劇
『順番』と団七縞
新富座の東男
帝劇の『乱れ金春』
吉右衛門の旗揚げ
舶来の忠臣蔵
『都一中』と『二枚絵草紙』
菊五郎の『鏡獅子』
歌舞伎という言葉
『四谷怪談』はお化芝居か
浜松屋と五人男
研辰の妙味
勧進帳
清元の累
八百屋半兵衛の意義
五年前に見た紙治
気の重いカッポレ
権三と助十の前後左右
御所の五郎蔵と奥州
尾上伊太八
お半長右衛門
和藤内

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る