詩人唱はず
老人時代
作家自衛法
実在と空想
詩歌の誘惑
新聞記者の資格
ビヨルンソンとゾラ
たそがれの辞(一葉舟を読みて)
瀧口入道(歴史小説)
吾妹の墓
恋情論
故郷論
雪中梅
今様三首、敦盛、忠度、小督
准亭郎(エルテル)の悲哀
傷心録
亡弟良太病中書簡の首に書す
わがそでの記
厚積薄発
冷鐵のひゞき
送年の辞
秋色
歳暮
無題
センセン録
無題集
清見寺の鐘声
思ひ出の記
乙羽兄を憶ふ
况後録
鳥海山紀行
序文
夏季の学生
海の文芸
水鏡
小説革新の時機
曲亭馬琴
詩的の両面と其利弊
カーライル氏の英雄論の翻訳に就きて
ワルト・ホイトマンを論ず
ホイトマン再び
偽詩人とは何ぞ
文明の裏面
時代の精神と大文学
友人某に與へて昨今の文壇を論ずる書
土井晩翠に與へて当今の文壇を論ずる書
斎藤緑雨が色道論を読む
泉鏡花に與ふ
『先秦文学』を読む
藤田剣峰を送る
文学に対する根本的誤解
現今美術家の精神的教育
美術家の絶好題目
歴史を題目とせる美術
仏像陳列の可否如何
閲歴と空想
小説中に顯はれたる現代の女性
徳富蘇峰
市川新蔵を惜む
少年演劇に警告す
朦朧体の末路
柳浪の『畜生腹』を読む
晩翠の詩
今の滑稽文学
最も悲しき声
裏面の観察とは何ぞや
女性作家に望む
賞鑑家と国民
時好と批評家
春の家が『桐一葉』を読みて
写生と写意、意想と畸形
大塚文学士を送る
今日の新体詩家を警醒す
画談一束
美学史及び美術史
一葉女史の『たけくらべ』を読みて
俳句及び狂詩
俳句と符号
俳句
鑑定家と批評家
鴎外に答ふ
一葉女史の『われから』
徳富蘇峰君を送る
市川新蔵
『今戸心中』と情死
能楽会
能楽の性質
脚本の批評法
田山花袋の『わすれ水』
我邦現今の文芸界に於ける批評家の本務
明治の小説
所謂社会小説を論ず
支那文学の価値
春のや主人が『牧の方』を評す
坪内逍遥が『史劇に就いての疑ひ』を読む
白鳥先生と書
『国民の友』を惜む
滑稽小説の作者に告ぐ
自己の修養
文学及び人生

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る