聖徳太子伝における芹摘姫説話について
三河本宗寺について-土呂坊・鷲塚坊をめぐって-
「相伝叢書」の巻物-特に「相伝十一通・条目」第1巻について-
行為・存在・本願-現代からの視点-
「東大寺縁起絵詞」の研究
「東大寺縁起絵詞」の研究
「東大寺縁起絵詞」の成立と諸本
歌書ふたつ−岡崎市専福寺蔵書のうち−
訳註「華厳信種義」
歎異抄異本研究
阿弥陀経における称名思想
「歎異抄」の思想の背景-「釈浄土群疑論」との関連を中心として-
釈尊における説法教化について 1〜3
ネパールにおけるハーリィティーについて-調査報告-
「現代と真宗」序説-我々に於けるニヒリズムの意義-
華厳経に於ける菩薩の十大願について-特に「十地品」初歓喜地に説かれる十大願を中心として−
三河専福寺資料の研究
三河専福寺資料の研究
三河専福寺資料の研究
太子における篤敬三宝と国家統一
泉鏡花「妖剣紀聞」について
宗教と芸術を結ぶもの 1-シンボル理論の展開を通して考える-
日本近代小説の背景-仏教的思念(特に地獄)について-
能郷の民俗と真宗門徒−岐阜県本巣郡根尾村−
浄勝寺丹山文庫蔵「正法輪蔵」研究並びに翻刻
下間性乗初給印判状一通
THE LINEAGE OF DHATU-VADA
滅罪称名行の源流-「歎異抄」14条に関連して-
中世文学についての覚え書き−中世文学を底流とするもの−
南都戒律復興の歴史的背景−如法受具成立の前史として−
選択と唯信−大行論生成の基礎的研究−
「華厳経」に於ける信の位置−特に会座と菩薩について−
仏意の公開−浄土教興起の必然性と意義−
明治4年三河菊間藩事件に関する一史料
蓬戸山房文庫蔵恵山書写真宗史料
讃仏乗の人々−インド仏教詩人と妙好人−
法華経の概要
校内暴力と仏教
「殺生」観の中世的展開−中世前期における殺生禁断を中心として−
「撰集抄」の成立過程
中世真宗教団の制禁及び掟について
親鸞における否定的側面と方便-「歎異抄」を発端として-
華厳経「菩薩明難品」の研究
真信の三相-「歎異抄」に聞く-
三河勝鬘寺資料の研究
三河勝鬘寺資料の研究
自己意識の心理学-内観的、現象学的アプローチ-
真宗の民俗性と反民俗性−位牌と御影にみる祖先崇拝観−
原太郎著「花伝書考」
往生人と一切経
室町期における地域権力と大蔵経
讃岐国水主神社所蔵『外陣大般若経』と『北野社一切経』について
建中寺経蔵の建立縁起と大蔵経
日本文学における仏教思想の受容形態 上中下
経済学を超える道−人間福祉とのかかわりにおいて−
仏教と部落差別
「配所の月」私見-「撰集抄」巻4第5話を中心に-
六天講式
鎌倉・室町期の芸能における「中世的」特質 1,2
浄土荘厳の内面的構造-「論註」真実功徳相を中心として−
本源寺蔵宋版一切経(三聖寺旧蔵)目録
廃寺三聖寺研究覚書
佐々木海量伝
一峯明一とその周辺
了祥「非人教化」について-部落差別と真宗教化-
真宗教学者のソクラテス観について
別所の展開と聖の宗教活動-法隆寺西別所金光院「聖」律師を中心として-
大林院本「撰集抄」について
舎利八分伝説の意義
唯識四分義について−特に立分不同を中心として−
介護保険法と社会連帯
中山間地域で生活する在宅高齢者の生活の条件
特産品の生産からみた町おこしの取り組み
介護保険制度下のホームヘルプ労働
カール・ラートゲンの渡日と東京大学−婚姻関係と招聘過程の分析−
社会福祉法人 京都福祉サービス協会のホームヘルプサービス事業について
高齢者権利擁護システムの現状と介護リスクマネジメントの課題
地域福祉形成における住民参加の意義と課題
介護保険制度をめぐる基本的問題と理論的検討の課題
奈良時代の一切経について−勘経の意義をめぐって−
古代東国の仏教と一切経
一切経と芸能−平等院一切経会と舞楽を中心に−
宮内省図書寮一切経目録 1巻
実践的文化ナショナリズムの虚実−宋錫夏の「朝鮮民俗学」を中心に−
現代青年の家族観−日・韓・中三カ国の比較分析−
外来技術の受容をめぐるハイブリッド−戦前・戦中における「安全」の実践と理念を中心に−
日韓中の若者における親子関係・友人関係の性差
政治における「公」と「私」について
東アジア地域の青年におけるジェンダー意識−家族集団を中心にして
日韓中の青年に於ける不公平認知の特徴について
伝統的価値観と近代的価値観並びにポストモダン価値観の同時並立可能性−中国における青年の価値構造の多重性と日中韓三カ国に於ける青年の価値構造モデルの比較−
社会発展と社会意識−「韓国・中国・日本青年層の生活と社会意識の調査」を中心に−
東アジアの発展と儒教的価値に関する小考
東アジア的価値意識のゆくえ−「文明の衝突」と儒教文化−
中国における学校の思想道徳教育と青年社会意識の形成
万徳寺蔵「聖徳太子伝」翻刻
十不善業道による世界の損壊−「カルマ・ヴィバンガ」所説の業報を巡って−
ボン教の世界観
ヴァスバンドゥにおける縁起の法性について
BAPTIZING NATURE:ENVIRONMENTALISM,BUDDHISM,AND TRANSCENDENTALISM

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る