TEACHING TECHNOLOGY TO TRANSFORM TEACHING
INSTRUCTIONAL DEVELOPMENT FOR KNOWLEDGE CREATION IN PRE-SERVICE TEACHER EDUCATION
TEACHERS' LICENSES IN A CREDENTIAL DRIVEN SOCIETY
EXPANDING HANDSON LEARNING OPPORTUNITIES IN THE COURSE OF TEACHER TRAINING
THE STUDY OF ASSESSMENT POLICIES OF TEACHER'S EDUCATION ANND TEACHER'S ASSESSMENT POLICIES IN THE STATE OF HAWAII
障害者福祉政策の現局面−戦後障害者福祉政策の展開をふまえて−
「障害者の地域移行」と「障害者の地域生活支援」確立のための政策的課題
知的高齢障害者の地域生活支援−知的障害者のある人(壮年期・高齢期)の健康と生活に関する調査から−
重度の知的障害を持つ子どもの親の生活と人生に関わる研究−社会的支援の検索と適切な養育環境の調整プロセス
知的障害者の生活の場の移行と親子の自立−生活の場の移行を経験した知的障害者の親たちの語りに見る親役の変容−
伊勢国辻越後守家種作の雲版
書師岡村元春と義山版
丸山真男氏の「鎌倉仏教における宗教行動」−法然を中心として−
仏教ヘルスケア−現代医療批判の一可能態として−
近代日本における看護のかたちと看護の意味−京都看病婦学校と私立京都看護学校を例として−
生命倫理と宗教−「バイオエシックス」の限界−
「語り」が意味するもの−ナラティブ・セラピーへの道−
<ターミナルケア空間>の文化解剖学(アナトミー)
円仏教におけるホスピス施設概念の研究
現代人の病気に関する心理と宗教
原坦山の身心観をめぐって−近代日本の一側面−
「病いの語り」を語ること−<ナラティブ>という方法をめぐって−
AN INNOVATIVE APPROACH TO TEACHER PREPARATION:THE MASTER OF EDUCATION IN TEACHING PROGRAM
宗教に関する主要な法律問題
近世後期京都における御用米会所貸付方の独立と恵比寿屋荘兵衛
託される民俗−京都五山送り火行事にみる都市−近郊の関係
北野社一切経の底本とその伝来についての考察
仏説泥犂経
「西京七保」御供所の近世−御供所寺院とその維持・管理−
中世後期北野門前と内野
近代初頭における京都近郊の景観−鹿苑寺境内地と大北山村を事例に−
「西京邑田畑惣絵図」からみた近世西京村の特性
阿弥陀経と房山石経
法然浄土教と道綽浄土教−『選択集』および法語における『安楽集』の影響と顕彰−
観経疏と選択集−法然浄土教の根幹−
法然浄土教における二つの問題
大徳寺本『拾遺漢語灯録』について
法然和語文献の研究−西本願寺蔵 長録四年写本『往生要義抄併十二問答 禅勝房教化 因縁集』について
法然における源信教学の受容と展開
一遍浄土教における「往生」の問題−法然浄土教の一展開としての−
接続可能な社会−オランダ環境報告−
共生社会と環境材料
京都六角町の歴史的展開と空間構成 上
接続可能な社会のための経済を考える−ストックホルムとリオからみたヨハネスブルク・サミットの評価−
地球温暖化は防げるか−京都議定書以降の各国の動きと将来−
「京都市における中心市街地の再生」研究班の研究活動経緯
「商店街」概念の質的変容−「商店街」が示す意味と研究のフレームワーク−
都心再生:中心市街地問題としての町家再生とマンション政策
就業の場としての商店街の許容力
商店街における高齢社会への対応
商店街の地区としての問題点と展望
商店街の活性化に関わる大学の役割−仏教大学コミュニティキャンパスの試み−
平安京の変質
仏界の荘厳−法勝寺とは何のために建てられたのか
将軍家菩提所「知恩院」とオランダ人の訪問
京都の地域教育力の現状と課題
京都の教育にみる伝統と革新−仏教系大学の変遷を例として−
星宿真言 西人
京都六角町の町内と町内組織−歴史的都心地区の近隣社会−
京都深泥池の自然保護運動
明治期における京都の児童保護状況の考察
都市と祭礼−山鉾の祭りとその展開−
京都・都市景観の近代と現代-「時代区分」および「建築の近代と景観」
京都市における公営住宅の役割-向島ニュータウンを事例として-
都市の成熟と行政−1980年代及び90年代の京都市行政の変遷−
京都の活性化に関する考察−これからの京都を考えるために−
接続可能な社会のための形而上学的研究
仏教における共生思想の淵源
接続可能な社会と環境倫理
共生社会と技術
日本の改葬習俗と韓国の草墳−死者祭祀と葬制の日韓比較論の試み−
ナショナリズムとアジア−その形成と変容−
国木田独歩の見た朝鮮・中国
ヴァイシェーシカに見る世界の帰滅と創造
初期大乗における声聞と菩薩
一,時間,私の死
死と創造性
宗教経験と他界観−法然の三昧発得と浄土観−
森田正馬の生死観を基礎づけるもの
有と無の統合−究極的統合理論−
「愚禿抄」の死生観の教育哲学的研究
臨終で死に対する生の対応
“LIFE AND DEATH”IN EARLY CHRISTIANITY-THE CHRIATIAN HOPE FOR RESURRECTION OF THE BODY-
栄光神話の変遷−神への栄光から人間的名声,名誉,更に社会生活の生規範に−
チベットにおける葬送儀礼
中世日本の死生観−増賀説話の展開をめぐって
詩人の死に対する態度−長塚節と上田三四二
現代京都研究をめざして
成熟都市京都における教育の歴史的変遷と課題
成熟都市京都の社会教育
芭蕉、及び千那・角上の本福寺瞥見資料
法隆寺玉虫厨子考−舎利供養図を中心に
然阿良忠撰「浄土宗要肝心集」について−諸師の詞を中心とした諸伝承
知内区有文書「成人成人別附留覚帳」−史料紹介−
カルマ・チャクメーの極楽願文「清浄大楽国土の誓願」の和訳と研究−往生の第二因、七支供養より懺悔の段
異本開題 上下
カルマ・チャクメーの極楽願文「清浄大楽国土の誓願」の和訳と研究−往生の第二因、七支供養より随喜・勧請・祈願の段
異形の尊像−神変相としての異形性−
山岳表現考−古代中国から法隆寺の玉虫厨子へ−
考古学から見た孔子の学説とその影響

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る