心識所在の説
釈門警誡
法華経題名講義
唯識大意講義
原人論講義
浄土の証
曇鸞大師生卒年新考〜道宣律師の遊方を手がかりに
中世真宗における王法と仏法
十七願観の研究
親鸞聖人における太子信仰形成の典拠について
聖徳太子における一大乗仏教とその実践
浄土教における死の受容と超越 デス・エデュケーションの立場から
仏教と民族宗教−靖国神社公式参拝の問題点−
「真宗と神祇」論 上下
浄土真宗とは何か−私の真宗観
宗教と差別-清沢満之の「平等観」を中心として-
儀式と教化
自然法爾と心理療法
解放の真宗の前提
福祉と宗教についての考察
BHAGAVAD-GITAにみる戦争遂行の論理
真宗と平和−本願文に学ぶ非戦の原理−
教化の視点から問いかえす真宗のうけとめ方−真宗教化学の基本的課題に関する一覚え書き−
現代と真宗教学
教化学は今-教化学への提言-
真宗聖教の現代語訳私見−特に御本書のそれについて−
慈悲と満足-生老病死の苦悩救済の二つの視点-
「還相回向」考察の基座-常没の凡愚・流転の群生-
仏教とらい(ハンセン病)上−特に元らい(ハンセン病)患者の名告りを受けての報告−
仏教における伝道と教化序説
信心の業識
オソーブツと真宗仏壇の成立
懺悔の諸相-毎田周一師の場合-
大乗菩薩思想考-その精華- 1,
「六要鈔」所引の智光の「無量寿経論釈」について
ヴァイシェーシカ学派の非存在論
信仰告白の位義
香月院と梵文阿弥陀経
浄土荘厳の意義-唯除の自覚-
否定と乗願-社会的立場における二種深信-
親鸞の二種回向観−凡夫往生道の確立−
親鸞上人と「華厳経」-特に一乗海釈段の涅槃・華厳の連引を中心として-
「大経」重誓偈の諸貧窮
十四段本「善信上人親鸞伝絵」の成立-新出「御伝鈔」をめぐって-
「不請の阿弥陀仏」私考
部落差別と業の思想
宗存版一切経ノート
登高座所作法詳解
親鸞聖人の「夢告」とユング心理学
ミリンダパンハーにおける慧について
成徳院講師の宗学 2,
業感縁起と宿業−特に部落問題との関係を中心として−
教化に携わる心-その深層に潜む<影>を中心に-
国家と仏教
日印文化交流についての一考察
前後両番尽理集
願生浄土の仏道−信方便易行の開顕−
「念仏上人」の円頓戒相承について
華厳経「賢首菩薩品」について
ボロブドールの問題とその存在意義
般若経における称名思想
「真実」の所在-自利真実・利他真実-
道綽の願生論の特徴
宝徳3年「黒谷上人絵詞」をめぐって
聞思道の開顕−二願建立の意義−
真宗僧伽論
親鸞の阿弥陀仏
いのちをみつめて−親鸞と漱石−
清沢満之・住田智見両師にかかわる安心問題
「正信念仏偈」私観
「正像末法和讃」入門
宗教的超越世界の様態
近代仏教音楽の曙光−明治前期−
伊蘭子より栴檀樹を生ず−凡夫の自覚と信の考察−
真宗人
和讃雑考
親鸞上人の伝統相承
真宗安心論序説
「華厳経」における煩悩と大悲
中国仏教儒教道教古蹟調査記
和讃「不」による大非即大悲
「往生要集」における倫理観
真仏土と化身土
時教略頌
宗祖撰述の相関性(承3)-「消息」及び「唯信文意」「一多文意」について・
「阿弥陀経」読解 下
霊潤神泰の仏性論争について
明暦度再建東本願寺御影堂造営について-新出「遷座之記」を中心に-
正像末法和讃を拝読して
般舟三昧経管見-1巻本と3巻本との関連について再説-
正定院制心師の嗣講転進
“愚禿”自称の祖意
「正信念仏偈」の研究 9-龍樹章「宣説」以下四句について-
「沙石集」流伝余考−新出満性寺抄本をめぐって−
「正理の芭蕉樹」和訳 1,
他力信楽念仏の一考察
宗祖撰述の相関性 承4-「愚禿鈔」及び「二門偈」について-
菩薩思想の成立と初期大乗経典の諸問題
信仰告白の課題-「改悔文」序説-
岩瀬文庫本「法然上人伝」について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る