善意に応えるべく
親鸞の姿勢
「他力の信心」についての疑問
仏教の救済と一般的救済の混合
「靖国法案」と参院選挙
政治と宗教
本願寺教団改革運動史素描 1,2
本尊としての名号
真宗の勤行について
教団における法要儀式の原点と現実
儀礼改革の必然性
儀礼執行に心すべきである
西本願寺の法要儀式に思う
全国集会への提案
信心正因称名報恩ということ
親鸞聖人の報恩思想
報恩と人権
灰色の日々を抜け出して
報恩
エリザベス女王来日にみられた天皇・門主の本質
汚染から命を守ろう
腐った鯛に執着すべからず
真宗組織論の覚え書き
信仰をめざす教団組織の性質
本願寺教団における階序制度の沿革
信仰と組織
真宗信心に於ける天皇制の問題
私と天皇制
教団と天皇制
教団と天皇制
法華弁体
誕生八百念法要を終えて
現代と真宗
他力の信−定義への疑問−
宗教への提言
教団改革はまず自分自身から
宗教と教化
改革への盲索
教団と政治についての覚え書き
信仰と政治
宗門代表立候補に反対
本願寺はなぜ自民党か
真宗者と政治
参院選挙問題についての提言
拝啓!宗務総長殿
教団と政治
質問状に対する総長の回答に就いて
回答書を読んで
総長の回答書について
宗門代表候補者についての意見
参議院選挙問題について
太田総長の回答書を読んで
政治的と言われて
参議院選挙への克服とは何か
その日は朝刊のデスクだった
白旗式定
教団改革の展望
晩年の生活
出版一か月後の今思うこと
宗務所の中からの発言
甘えるなクソ坊主
教団改革への発言はこう集約された
労働組合運動の中で
本願寺教団の問題点
「私」における改革への志向
教団改革の今後によせて
地方住職雑感
本願寺教団改革運動史素描 1,
宗会での発言を足場として
西本願寺不当人事をめぐる問題
恐怖の論理を転成するもの
沈黙か,しかしやっぱり言わずにはおれない
御満座消息披露を問う
連帯をはばむもの
教団改革に対する非難の中味は
教団改革とは
煮え切らない
提案
教団改革への序論
問答有用
現代真宗教団序説
政治権力に対する親鸞の姿勢
第一回全国集会に参加して
教団の宗教的主体性確立
「選択集」にもとづく教化の研究
「葬祭に関するアンケート」静岡教区アンケート第一次分析結果報告
五重相伝の基本と実践
南米開教区の現状と展望について−浄土宗南米開教区現地調査概要報告−
浄土宗基本典籍の現代語化・浄土三部経 仏説阿弥陀経,四十八巻伝
ヨーロッパ開教の課題と展開
現代における「結縁五重相伝会」のあり方
沖縄本島都市部における浄土宗寺院の開教の歴史と現状−その特徴について
沖縄本島都市部における浄土宗寺院の現状と展望 1〜3
一百四十五箇條問答
仏教生活と受動性
教行信証研究序説−特にその構造に就いて−
高麗出身高仙芝事蹟攷
人口の社会形態学的作用と都鄙教団
古神道の基本的性格
親鸞聖人と涅槃経

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る