日常勤行式の一考察 2
止住百歳・雑感
現代の布教現場での問題
仏教と医療−布教・教化を視野にして−
テレホン法話を通じての布教・教化
住職学 2
特別講演 法然上人と蓮如上人
プロジェクト研究報告にのぞんで
教化の課題
三身義私記
日常勤行式の再検
縁山声明の芸術性
縁山流伽陀の音楽論
縁山流声明錫杖
日牌月牌の考察
「断酒会」に学ぶ
写仏会私考-一般寺院で勤める写仏会について-
お盆について
袈裟塚の建立を発願して
和歌山教区布教師会の活動で考えたこと
兼職・副業を通しての教化活動
情報収集手段としてのデータベース利用
臨死体験と来迎・堕地獄
保育と教化に関する一考察-幼稚園教育要領を中心に-
「いのち」の教化の研究をめぐって
現代教化における対象へのアプローチの視点について-特に法然上人における対社会的指向性の問題を中心として-
供養儀礼と現代
荘厳 2-供物について-
供物について(荘厳 2)
声明における音階の研究 2
寛文7年版「臨終用心鈔」について
公開研究会「臓器移植問題と生命観」
念仏の利益−現世において受ける変・転の妙味−
臨死体験−「日本霊異記」と「宇治拾遺物語」
地球環境問題と仏教
ハワイにおける日系仏教の現状と課題 浄土宗ハワイ開教区の場合
環境としての浄土
信徒勤行式私考 1,
終南山悟真寺攷
仏教における生命観−「ダンアパダ」にみられる生命観−
空より信へ
臨終行儀を論ずるにあたって
声明と音楽 1−縁山声明成立の一考察−,2−縁山声明の音楽性・芸術性
声明と音楽 3−縁山声明の特色と紹介−
智恩院声明伽陀の旋律について
浄土宗における四天王 2
現代における五重相伝会のありかたについての一考察
写経と布教・教化
「教化学」再考
荘厳 その1−花について−
声明における音階の研究 1
浄土教団は若返るか
仏教の普遍化と現代化について-宗学の立場より-
仏教における生命観-スッタニパータにみられる生命観-
凡夫成立の一背景-阿含に見られる機根-
法然上人のお念仏の価値観
近世浄土宗の布教研究-西圓寺十一世法道-
一宗「福祉」事業展開の一考察 2〜6,
大正期の救貧事業並びに防貧事業等から学ぶもの(一宗「福祉」事業展開の一考察)
「臨終行儀」の再現について
法然院広布薩法則本について
浄土宗法式雑考 6〜11
新訂「羅漢講式」制定への経過(浄土宗法式雑考 7)
開経偈について
普賢十大願、浄土思想、科文を介した<普賢行願讃>理解−「四十華厳」巻四十を参照して−
聖道門、浄土門を定義する伝法然上人法語 2,
善導『観経疏』における讃偈の韻律
真源『往生要集憑依記』について
阿弥陀仏信仰の展開を支えた仏典の研究 1,3〜6
大念仏寺蔵、迦才「浄土論」について
静遍と村上源氏−定遍入室をめぐって−
法然浄土教の「一切善悪凡夫」と「罪悪生死凡夫」と「煩悩具足凡夫」
楞厳院僧源信の華厳浄土義「普賢講作法」−「往生要集」との接点
「宗学」という学問ジャンルについて
真葛伝語
法然上人における生死の課題とその出離の意義−信の決定を中心に−
法照崇拝とその凋落
「三脈口訣」−復元、江戸天明期増上寺加行− 1〜3
「大乗大義章」における仏身論
善導における観仏行の位置づけ−その反表象主義的態度−
法然上人の阿弥陀仏論−その説示に注目して−
法然上人と三部経
「選択集」第十三章における「不可得生」の経典解釈法
智覚禅師延寿の上品上生往生
マルティン・レップ「宗教的改新の諸構造:法然とルター」の翻訳と解説
日華仏教研究会顛末記
「選択集」第八章私釈段の至誠心釈に関する一解釈−真実心・内外相応の具体相−
五重相伝
近世浄土宗の布教研究−西圓寺八世法岸について−
浄土宗近代以降の教化運動−海外布教活動を通して−
「選択集」と「徹選択集」-宗祖法然と二祖聖光を貫く精神をめぐる私考-
「十二問答」の伝承形態-「述聞鈔」引用の第九問答について-
「往生要集義記」第一-訓み下しと現代語訳 5-等活地獄の残余
「四十八願題詠抄」攷-釈教歌研究上の基礎的作業 10-
発願文小考-成立と展開-
法然門弟関連資料集・研究書目録
「生死之罪」功
「生死之罪」功
礼讃偈の韻律−詩の評価とテクスト校訂−
阿弥陀仏の仏身規定をめぐって

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る