呉の支謙について
日本近代における新宗教教団の展開過程-蓮門教の崩壊原因の分析を通して-
阿闍世コンプレックス
念仏にもとづく光明摂理
「三部経釈」の研究 1
「四十八巻伝」に組み込まれた「九巻伝」の原形について
「西方指南抄」翻刻 1〜3
専念寺隆円と往生論
顕智筆「見聞」に見られる醍醐本「法然上人伝記」
隆尭記「念仏安心大要」中の法然上人法語文節索引
書評紹介 吉田清著「源空教団成立史野研究」
法然浄土教と本覚思想-思想的アプローチのための覚書-
臓器移植についての一考察
世親の別時意説について
シャタデーヴァの倶舎論註-引用論書について
北米浄土宗信徒の生活と意識
善導大師屠児教化譚について
現代日本仏教団の変遷過程-その分裂と合同
日常勤行式-DAIL DEVOTION
法然上人のお説法より比喩について
石見教区に於ける住職勉強会に就て
聖徳太子伝における念仏信仰的表現
科学時代と宗教
大乗菩薩道と選択集
浄土宗都市寺院の社会的機能
中国浄土教と如来蔵思想
初期偈経典にみるKUSALAについて 1
SENCHAKU HONGAN NEMBUTSU SHU-ON CHOOSING THE NEMBUTSU IN THE ORIGINAL VOW,COMPILED BY GENKU(HONEN)
法然教学の主体性 25-仏説無量寿経の原由を論じて全依源空に及ぶ 4
隆寛教学の時代的区分
法然上人に於ける華厳的なもの
竜門古陽洞の礼仏図
「論註」における菩提心について
日本人のよさと浄土教
謝霊運の「弁宗論」における「道家之唱」の解釈をめぐって
中国思想よりみた二河白道の比喩
北魏太武帝の廃仏と図讖禁絶
中論における無我の思想-第18章第4,5偈をめぐって
無量寿経における「度世」について
霊説と七日別行百万遍
明治期のハワイ開教
善逝本宗分別疏和訳 1
シュエジン派の研究
良遍の専修念仏批判について
熊谷直実の予告往生をめぐって
法然上人の往生要集観-その正意に関して
良忠上人の雑観引用 3-金沢文庫所蔵文書を中心に
宗祖の中道思想
法然教学の主体性 35-仏説無量寿経の原由
歌人としての専修念仏者
法然浄土教の改革性
法然上人の念仏に於ける完結と未完結
当麻曼荼羅考-絵相における阿弥陀仏について
慈円再考-その和歌観の思想史的意味を中心として
蓮門教の崩壊の要因について
浄土宗触頭制度の撤廃
沈隠侯集に見られる仏教観
王充の薄葬論小考
諸経録に引かれた宝唱録について
北魏石窟寺の文学史料について
教判論の諸問題
浄土祖師の本願観への一考察
F・ハイラーにおける諸宗教の対話
武田泰淳「富士」についての一考察
万徳について
四十八願の施設学的考察 1,2
現代の浄土宗学
チベット仏教現状管見
道綽禅師と般若・方等行
末法観と浄土行-「大集経」と道綽
隆闡法師懐?ツ碑について
聖冏の菩提流支観
浄土布薩戒の一考察-譜脈より見た戒系
法然教学の主体性 35-仏説無量寿経考 1
法事讃私記と僧肇の阿弥陀経義疏
法然上人の念仏
浄土三部経の施設学的考察序説
「続本朝往生伝」の一考察-「極楽之新主」について
法然上人の三心具足に関して
奈良朝写経と浄土教-天平5年の阿弥陀経書写を中心として
仏厳房聖心について
「横川楞厳院二十五三昧起請」について
大日比三師の教化-勧誡両門について
住職学
専修念仏者藤原隆信(戒心)の周辺
笠間時朝の専修念仏
大胡氏について
美濃国の浄土宗触頭制度について
長州における「明治往生伝」の成立
個人用コンピューターによる索引
勢観上人の生活
一向上人踊躍念仏について
F・ハイラーにおける宗教概念をめぐって
「安楽集」の基礎的研究
神原精二居士の生涯
ハワイ浄土宗信徒の生活と意識
開教使の生活実体と開教のあり方に対する意見
ハワイ開教の課題
一都市寺院における念仏修養会の実際と方向
よい子の集いの帰敬式について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る