「こどものつどい」を実施して
仏教幼児教育論
宗教意識調査 1,2
非行児といのちの教育
胎教のすすめ
仏教用語の理解-宗門子弟育成について
史上にみる人間の生き方
法然上人御誕生の意義
念声是一攷
般若経における菩薩と在家生活
法然浄土教の世界-歴史・教義・宗教
中国浄土教祖師の罪悪について-特に曇鸞・道綽・善導を中心として
仏教者像をめぐる信仰史的考察・覚え書き-問題の背景・所在・視点
「十地経論」の用語例
日本浄土教諸系譜について
シャマタデーヴァの引くマートリチェータの「四百讃」
十六小地獄-その成立過程における二、三の問題
仏の成道以前の物語と時間について
宝唱の「衆経目録」について
金光明経における護国思想について
梁代士大夫の仏教観
中世における「不浄」の観念について-神仏習合思想の一視角
法華観法
浄土三部経の施設学的考察
指方立相の理解 2-価値的心像の建立
高弁の華厳観
「近縁」論考
SAMATHADEVAの倶舎論註-中阿含の組織の若干に就て
初期大乗経典の対告衆について
TARKASOPANAにおける能証とその三条件に関する問題点
JITARIのBODHYAPATTIDESANAVRTTIBODHISATTVASIKSAKRAMAについて
イシハズモスの心CARDIAについて
当麻曼荼羅考-宝池会の背相菩薩について
呑竜講の成立と展開
呑竜信仰の実体
大光院開山然誉呑竜について
「近世往生伝」に見える悪人往生について
東国の念仏者塩谷朝業について
光明の本質について
法然教学の主体性 33-極楽及び阿弥陀仏の遠祖に就いて
念仏修養会構想について-第6期全浄青提唱
伝道の助業としての宗内文書-宗務当局への一つの意見
七箇条制誡の人名について
五重伝法における口授法について
矢吹慶輝の社会事業思想
一枚起請文の起請について
法然上人とその時代
第三転法輪としての浄土教
日中仏教交渉史上における善導大師
神学と伝道について-P・ティリッヒのシンボル論を通して
漆間家の出自について-漆間時国と源定明
ハワイ島における浄土宗寺院の展開
指方立相の理解-自覚的実践の構造
南都浄土教における別時意説の会通について-とくに良遍を中心に
永観律師の念仏思想について
「遊心安楽道」日本撰述説をめぐって
雲崗石窟の造像銘について
敬首撰述「典籍概見」管見
忍海著「当麻変相考」について
当麻曼荼羅について-特に37尊の名印について
徳川家康と五重相伝
浄土宗における往生伝の編者について
善導大師とその時代
偏依善導論
敦煌出土漢文仏教文献資料及び仏教美術資料にもとづく中国浄土教の研究-とくに敦煌出土別行本「往生礼讃」成立について
初期仏教にみる誓願思想
宗門子弟育成の調査及び研究
法然教学の学問的性格に関する研究
浄土宗東北寺院の仏教資料の調査研究
三経一論英訳の諸問題
身土攷
矢吹慶輝の研究
道綽禅師の浄土教への帰入-その動機
十夜法要と十夜講
聖浄二門判への一考察
祖意の現代的実践
法然上人の浄土観に関して
良忠上人の懐感引用 1,2
聖冏教学における学問的性格の一考察
珍海伝について
善導大師の霊夢について
近代における浄土宗の教育制度について-特に大教院時代を中心に
矢吹慶輝の社会思想
経典訓読の問題点
宗門子弟育成に関する調査・現状と将来
アトス山憲章についての若干の問題
インド哲学史における心の発見
初期仏典における「沐浴者(SNATAKA)」
辟支仏と過去仏
煩悩の本質について
小品系般若経における五蘊説
アジャセについて
JITARUのSUGATAMATAVIBHANGA-KARIKAについて
馬鳴寺根法師碑について
当麻曼荼羅極略談について
善導教学の基盤についての一考察-懺悔について
「往生礼讃」の一考察-「観念法門」との関係について
善導大師の五悔思想
法然上人引用の明曠
三師(道綽・善導・法然)の選択について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る