遊行・藤沢両上人御歴代系譜
叡山大会 山梨・滋賀・道後・京都・大阪・熊野・兵庫・岩手・九州・北海道修行記
下総国海上郡野尻村の沙弥文書について
当寺(市姫金光寺)三祖師別伝并当寺歴代住持霊簿
時宗の弁証法的展開
一遍−こころの歌−
口絵解説 一遍上人絵縁起−万治2年版−
法然と親鸞−二つの絵巻からみた師弟関係−
信心−信行両座・信心諍論−
教行信証−念仏停止と『教行信証』の成立−
太子信仰−聖徳太子と善光寺−
家族−恵信尼文書を読み解く−
関東門弟−親鸞消息にみる門弟の動向−
箱根と熊野−神祇不拝と汚穢不浄−
葬送と墓−親鸞の石塔・遺骨・影像・廟堂−
庶民信仰の源流ということ
一遍上人と他阿真教上人
『大衆帳』からみた時宗の学寮と修学生活
遊行五十代快存上人の廻国について
時衆文芸と遊行僧
時宗の書−名号の書を中心として−
時宗の絵画
四条道場(金蓮寺)と浄阿上人真観
京都四条道場金蓮寺文書−中世編−
桐渓先生を偲ぶ
時宗研究文献目録
志向の思索者との出逢い
この人・一遍
僧と非僧と捨聖
一遍上人の念仏
一遍教学の実存的特質
時衆の思想史的考察−その時間論を中心として−
一遍聖の思想
一遍上人
仏教教育の人間学的基礎
来日前のラフカディオ・ハーンと仏教−ハーン著「最近の仏教文献」の邦訳と注記−
仏滅年代論を今思ふ
ABHIDHARMADIPA:「三世実有説」和訳(未完)
無我説と業論 2−因果関係の確立ということ−
汚染されたマナスの形成
阿闍世コンプレックスの検討
SIGNS OF A PRESENCE:REFLECTIONS OF SHIN BUDDHISM IN WESTERN CULTURE
A THOUGHT ON
SHINRAN,BARTH,AND RELIGION-ENGAGEMENT WITH RELIGIOUS LANGUAGE AS AN ISSUE OF COMPARATIVE THEOLOGY-
THEOLOGICAL BUDDHISM
A TRANSLATION OF MAHAYANASAMGRAHA 3.1-4
親鸞における死を生きる道
無縁の慈悲 COMPASSION WITHOUT OBJECT-FOUR IMMEASURABLES (CATUR-APRAMANA)IN MAHAYANA BUDDHISM
華厳教学における縁起説の意義
鵠沼日記
中国浄土教における他力思想
日本唯識における縁起的生命観
親鸞思想にみる生命への視座−浄土教における仏教生命観の展開−
生命とは何か−宗教と科学の二つのパースペクティヴ−
仏教生命観と環境思想
平安期日本人の仏教受容の態度−『源氏物語』における仏教の性格−
大津における浄土真宗寺院の年番制度
都川林蔵寺の「之浄碑」について
浄土教思想の一句−遊女救済の意義に寄せて−
真宗教「学」
一願建立と五願開示−法然浄土教と「教行証文類」−
涅槃の浄土−真仏・真土の開顕−
聞信義相論 上−「真宗百論題」の研究−
『自然法爾章』における「獲得名号自然法爾」の構造論的考察
「悪人正機」の拠って立つところ
唯一者としての阿弥陀仏−「阿弥陀経」の阿弥陀仏−
中世真宗における浄土往生観−真宗土着の視点から−
三願真仮論の一考察
「唯信鈔」と「唯信鈔文意」−松本史朗氏の論考について−
浄土教における死生観
『論註』「二種法身説」擁立の基底にある仏教時間論の考察−親鸞「十劫・久遠」論の時間論的解釈への基礎研究−
韓・日両国における比較研究管見−唯識思想の流れを中心として−
但馬興宗寺の成立と発展
橋立真宗寺の成立と発展
田野最勝寺の成立と発展
大名朝倉氏と加賀一向一揆
下間頼照と越前一向一揆
木の目崩と越前一向衆
教如の石山籠城と越前一向衆
石山合戦における毫摂寺善秀と越前門徒
石山合戦と文字瓦
石山合戦と文字瓦
雑賀以後の本願寺と越前一向衆
穴馬八ヶ衆と野津俣長勝寺
専応寺への寺号免許と木仏下付
木仏裏書の様式論
仏教から真宗へ−とくに大乗菩薩道と真宗をめぐって−
戦国の城・山科本願寺
大聖牟尼の教えについて−大悲心にもとづくサーンキヤ(序説)−
ヴァスバンドゥにおける唯識の思想−『唯識二十論』を読む−
孝順と慈悲の問題 2
源空から親鸞へ−その師資相承について−
最勝真妙の正業−鎌倉仏教の行−
生ぜしもひとりなり
中世「町場」の形成と展開−近江国堅田を事例として−
戦国・中近世移行期における大坂本願寺の呼称−「石山」表現をめぐって−
寺内町「由緒書」の成立と展開−富田林寺内町を事例として−
貝塚寺内の成立過程について−「貝塚寺内基立書」の史料批判を通じて−
解説
研究ノート 建築史からみた寺内町研究−都市空間の構成原理−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る