真宗声明史における蓮如
蓮如生母の出自の伝承について
存覚上人袖日記
「語り」の諸相-蓮如雑観
上下とうちそと-「仏恩報謝」と「あさましき身」
蓮如上人のこころの軌跡-喪失体験をもとに
蓮如の夢幻について-華厳の視野で
念仏者蓮如に学ぶ
蓮如思想における連続性と変化
六角夢告−親鸞は性に悩んだのか−
浄土の現実的意義-親鸞の浄土教観-
他力廻向義の伝承と開顕
平生業成と正定滅度
真仮批判の実践的展開
親鸞の神祇観
「愚禿」自称の祖意
報恩称名義について
疑・無明・愚痴の交際について-真宗安心上の問題として-
真宗の人間像-妙好人形成の教学的立場とその実践-
真宗における読経の意義
成徳院講師の宗学-特に行信論を中心として-
斉藤先生の科学技術論を学ぶにあたって
科学技術とは何か
蓮如と「安心決定鈔」
真宗の第二の再興-曽我量深の蓮如観
蓮如における王法と仏法
後期蓮如と妙好人赤尾の道宗
蓮如における教化の特質
文書伝道と対機説法
「蓮如上人御一代記聞書」に聞く、教育のこころ
蓮如の化風
蓮如の教化と教団の発展
「御文」教化の構造について
法華経義読
「蓮如上人御一代記聞書」について
「方便化身土文類」の意義
金子大栄の「教行信証」研究-特に最初期の研究をめぐって
親鸞における三昧の問題
親鸞聖人の真仏弟子釈における伝道的立場
親鸞思想批判論の研究-「教行信証破壊論」の考察 1
親鸞とその門弟における死の受容-覚信・慶信との交流
親鸞の「宗教的人格」について-現代における真宗念仏の実践
信心における行為の問題 1-「行巻」「信巻」を手がかりとして
善悪および浄土の問題-特に人間関係について
人間の罪とすくい-存在論的模索の第一章
親鸞における人間追求
真宗における往生信仰と歴史との関係についての仮説
教学の現代化とは何か
現代教学の一視点
現世利益をめぐる問題
現代教学樹立の前提
教学の方向
真宗教学の研究
真宗の人間観と実践論
大行釈の伝承と開顕
「信巻」所明の多様聖性
「信巻」所明の多様聖性
真宗の証果論
一遍
地方住職の酌流尋本源
随想
「疑」からの信心
SHINRAN'S VIEW OF DESIRE
愚禿
原始仏典の女性
韋提希の救い
仏典に現れた女性達
真宗の神祇観
祈祷論
迷信論
大麻問題 附 敬神問題の性質
社会民主化と業問題-解放運動途上において、業常識論のあやまりを正す
業と因果-人間平等の論理
真宗教義と業思想-浄土真宗の同朋精神と宿業観
真宗史と部落
真宗教団における宗教と政治-真宗における真俗二諦論の再検討
親鸞聖人の弘願帰入についての一、二の問題
「選択集」と存覚教学
親鸞思想に見る「往相と還相」 上
法然門下の菩提心観 3-親鸞の菩提心観を中心として
親鸞の家族観
悪人正機説における悪人の概念について 3
科学時代における浄土教思想 1-宗教と科学の関係論に基づいて
浄土教における十念思想
親鸞における本願名号論-名号・嘉号・尊号・徳号・仏号-
真宗教学の現代的解明−「法界身釈」に関して−
「正信念仏偈」と「念仏正信偈」
「信の一念」ということ
「化身土文類」の隠顕釈についての諸説
宗門儀礼の源流
現生十益の理解にみる宗学用語の問題
十劫久遠について
現代における経典受容の問題-種々の「無量寿経」解釈を通して−
親鸞思想と人権−同和問題を中心にして−
左脳の親鸞、右脳の親鸞−親鸞の宗教体験−
真宗における宗論の研究−浄土宗との諍論略説−
善導教義とその周辺-「観経四帖疏」と浄影寺慧遠の「観経疏」との関連-
病床にて思うこと
吉崎における信因弥報強調の背景
如来回向の信心

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る