秋安居(大無量寿経講義)攻究
眼をひらく
自利と利他
教行信証内観
自然法爾
仏教の世界観
荘厳の世界観
挑戦される宗教
挑戦される宗教
親鸞と現代
親鸞と現代
真宗における救いの問題
真宗における救いの問題
親鸞と歎異抄の世界
現代人の苦悩と親鸞
親鸞の思想的課題
歴史の中の親鸞
親鸞の大地−関東の二十年を中心に−
自然法爾
民衆自覚の道
真俗二諦
親鸞の教学
本願成就
浄土
三願転入の課題
この人を見よ
蓮如教学の根本問題
浄土の問題
能率能廃
親鸞教学の性格
浄土真宗再興
自然法爾について
本願他力の意趣
超越と内在
師弟一味
はじめに御名ありき
機法の問題
御袖縋りの御文
真人の道
実践神学について
浄土思想の成立過程
神道の神々
仏教とキリスト教との出会い
信仰の動態−浄土信仰と福音信仰の対比において−
親鸞とパウロの信仰
浄土と神の国
久松先生を偲ぶ
仏教の歴史観とキリスト教の歴史観−歎異抄をめぐって−
比較人間学の試み
対話の神学試論
対話の神学試論
対話の神学試論
基督教の土着化と今後の役割
戦後の宗教思想と社会への影響
戦後の宗教思想と社会への影響
戦後の宗教思想と社会への影響
真宗の人間像
昔話覚書
真宗の人間像
真宗の人間像
真宗の人間像
真宗の人間像
非宗教化時代の宗教人
非宗教化時代の宗教人
非宗教化時代の宗教人
挑戦される宗教
信心の象徴
中太郎真仏に就いての一考察
『口伝鈔』中巻の諸問題−覚如自筆本六章構成の意趣−
「白骨ノ御文」遡源考
蓮如発給文書之研究−花押の変化を中心として−
蓮如史料論への手がかり−「御文」をどう扱うのか−
三重県二見町の五部大乗経について
平泉寺本『宗要集了因鈔』について
土佐光茂筆由原八幡宮縁起制作の周辺
中世本願寺一家衆と鎰役−特に一家衆の諸問題−
戦国期本願寺一家衆の構造
禁止・抑圧下の戦国期一向衆
中世後期本願寺末寺の歴史的性格
近江における一向一揆と土豪一揆−堅田と金森を中心に−
日本におけるキリスト教と諸宗教との接触の問題
他宗教との出会い
日本における福音の土着化について
意味の神学−宣教の神学序説−
宣教のエネルギーはどこから得られるか
今日における救いの問題
ティリッヒ神学の分析的研究
パウル・ティリッヒの実存主義
ティリッヒ神学の弁証法
パウル・ティリッヒのキリスト論
現代神学と終末論
所謂哲学的終末論について
キリスト教の志向する人類共同体未来像
鬼押え行事と町衆−安濃津に伝承した−
沖縄の民族宗教的社会構造の歴史的特質についての考察
善謙『日次記』所載の『崎陽茶話』『長崎邪教始末』考
明治初年騒擾事件研究の現状と問題点
近代理性敗北の挽歌−人は死ねばゴミになる−
近代仏教史学の成立とその課題
戦時教学における真俗二諦論

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る