教育の可能性と限界
行信杞憂弁
敦煌仏寺の学士郎
戒覚の「渡宋記」
雄略紀における倭漢氏の伝承
真宗における聖教の伝授
中国における星座の成立過程
奥能登柳田村「真念寺過去帳」について
『混一彊理歴代国都之図』続考
耕雲千首試論−恋の部について−
南斉書祥瑞志について
三帖和讃における左注について
思索
龍樹の伝記および著書−二人の龍樹説に対する批判
龍樹の教学
瑜伽行派の開祖に就いて
敦煌出土の龍樹および馬鳴の著書に就いて
西域仏教文化概論序説
西域において創作された譬喩譚
『大集経』とキョ羅帝との関係
仏教東伝史における丘就?の地位
休屠王の金人に就いて
傅大士の研究
弥天道安論
唯識宗の異派−朝鮮系の唯識宗−
親鸞教学の根本構造
親鸞における称名思想の一断面
親鸞における唯信の思想
親鸞教団の構成
親鸞における三経隠顕釈
親鸞のよろこび−現生正定聚の理解について−
親鸞和語聖教にあらわれたる親鸞教学1−現生正定聚論の一考察−
末灯鈔における信行不離の論理−生活実践に関して−
来迎思想−法然とその門弟2−親鸞の来迎観−
難陀学説の研究
西来寺所蔵、写本法華経疏、分別品について
法蔵の一乗教義の論成について−「華厳五教章」の撰述に関する試論−
真諦訳におけるmanasの訳語について
毘尼討要と四方律行事鈔
均田法における二系列
北魏均田制寡婦受田考
北魏の宮廷百戯
呉郡張氏と仏教
玄奘三蔵とその訳場
神会の伝灯説と儒家思想との交渉
圭峯宗密考
漢訳仏典流伝上の一問題
宋代における租税鈔
羽渓了諦博士略歴/主要著述論文目録
仏教学の範囲と目的
明治仏教学者の海外進出
読行信杞憂弁
仏陀時代の唯物論
仏陀時代の有神論
印度のピュローン
中道生活の先駆者
仏陀と摩訶毘羅
仏陀時代における十種教団
仏教の起源
正法の意義
仏陀正覚の根本契機
仏教の人間観
仏教涅槃の卓異性
因果律の包越
仏教の道徳哲学
仏性本具の思想に就いて
画工司と画師について
南都の禅院について
請来美術の文化的意義
大斎院選子内親王の仏教
鎌倉時代における円頓戒の復興について
泉湧寺所伝宋音弥陀懺法について
十六観堂とその実践
中世の奈良における融通念仏
真宗教学史の問題点
初期本願寺教団における宗典成立について
信長政権の座政策
如庵書院の障壁画
豊前呼野金山について
真宗教団における寺院統制
江戸時代に舶載された経蔵について
日本に於ける仏足石の造顕
小笠原宣秀博士略年譜/著作目録
宮崎円遵博士略年譜/著作目録
中国に於ける儒仏二教の理念と動作法儀上とに於ける抗諍に就ての小攷
釈道安私見
修史館の史風
讃阿弥陀仏偈の古写本
親鸞聖人の来迎観
南北朝内乱期に関する本願寺
最澄の山林主義
往生正覚一体の誓願成就に関する考察
親鸞聖人について
趙宋天台と浄土教
銷釈金剛科儀の成立について
老子八十一化図私見
明の建文帝の後日譚
王学の庶民性に関する社会的歴史的意義
親鸞聖人の教えを受け入れた人々
『混一彊理歴代国都之図』再考

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る