清代教案所見経巻名目考
遵義会議について
岐阜県ひじ山遺跡の押型文土器
倭の字の意味の変遷と魏志倭人伝の解釈との関係
埴輪
上代寺院における伽藍配置について
推古朝の仏教統制制度−井上光貞氏説に対する疑義−
蘇我の子らの歌−日本書紀の記載の背景−
慈悲について
『安心決定鈔』論
廻向論
行文類の法
叡山浄土教の展開と親鸞聖人
信巻の中心問題
信の一念
親鸞教学における証果論の伝統と己証
親鸞聖人の阿弥陀仏観
観経小経の教意
親鸞聖人撰述解題
真宗学研究の回顧と展望
親鸞聖人の幼時と家系
叡山・吉水時代の考察
越後・関東時代について
帰楽後の文筆生活
日付のある対話
親鸞聖人伝史料
親鸞聖人伝の回顧と展望
弥陀の名号と西方の浄土
仏教の恩思想を究めて浄土門のそれに及ぶ
真宗安心の諸問題
専修念仏の形成
無量寿経諸異本の研究
児童の宗教意識
仏教社会主義
慈悲について
「無量寿経」と「般若経」
渡辺海旭の思想−そのダイナミズム−
道教と浄土教 2−道教典籍における浄土等の語の用例について−
法然浄土教研究の状況
梵文「入法界品」第17.18.19.20章(試訳)
HONEN'S SOTERIOLOGICAL THOUGT
浄土教的正覚の一視点−浄土三部経における横超表現に観る−
浄土教を貫く「一元相即的念」論考
浄土教の展開する個の輝きと調和
浄土教「いのち」観の顕示するもの
浄土教的法悦の一考察
法蔵菩薩誓願の一考察
法然上人の念仏信仰における実践的諸相とその本源にあるもの
浄土教における善の課題−21世紀、人類の指針を探る−
日本学論
椎尾弁匡研究−共生運動主眼として−
大師に学ぶ
恩師・師表 椎尾弁匡先生
亡父追憶
先生の思い出
椎尾弁匡先生と共生の教化運動
「仏教学概論」講義筆記ノート
七祖教系論
建久九年の法然上人・私考
「選択集」における諸行往生的表現の理解
念仏三昧について−善導・法然・山崎弁栄をめぐって−
「特留此経止住百歳」の文をめぐって
法然上人の「無量寿経」三輩文に説かれる菩提心の解釈について
法然教学における「西方要訣」
法然上人における難易義成立の意義〜機辺から仏辺へ〜
法然浄土教における「廃悪修善」と「悪人救済」について
「選択集」第1章段説示の「所依の経論」について
「実隆公記」に見られる法然上人
「往生要集」における道綽禅師
地主桜
「選択集」諸本の成立過程について−特に原文利用の比較検討を中心に−
嘉禄の法難と関東浄土教の展開
和字選択集について
法然の勝尾寺逗留の背景−安居院聖覚を中心に−
善導における仏の相好観
聖冏撰「顕浄土伝戒論」について
光明寺及び増上寺所蔵の名号史料
「観仏三昧海経」と慧遠・道綽・善導
「十住毘婆沙論」と般舟三昧
枕雙紙
浄土教思想の瑜伽唯識学的考察-世親の教学を中心として
往生浄土の理解と表現について
印順法師の「浄土新論」について-現代中国浄土教の一断面
欧米における浄土教的契機-プルトマン・シュオン・ベンツ・ペッタツオーニ
第13世紀初期のインドの浄土教-ダルマスワーミンの伝記を中心に
「二人比丘尼」と「念仏草紙」-鈴木正三の念仏思想
私の精神生活
宗学の課題と神学の視点-P・ティリッヒ神学から学ぶもの
原始仏教における原子論
「諸法本経」の研究-特に「念為増上」をめぐって
中国浄土教祖師の菩提心について-特に道綽・迦才を中心として
念仏行における倫理性
「群議論見聞」について
知足院悟阿について
良忠述「選択集略鈔」をめぐる諸問題
「念仏安心大要」とその引用法語
浄土宗学への一試論
法然・親鸞の浄土教−その相違性をめぐって−
法然上人の名号観−名号万徳所帰説に関して−
法然上人の登叡について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る